ぐるっと流山 新救助ボートが消防本部に配置

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1020321  更新日 平成30年12月22日 印刷

写真:新救助ボートと消防隊員の皆さん

 平成30年11月27日(火曜日)、消防本部に新救助ボートが配置されました。配置された新救助ボートは「ウレタン注入ボート」で、ボートの底部や側面部に空気ではなく、水を殆ど吸わない硬質ウレタンが注入しており、破れても穴が開いても沈まないボートです。災害時などの厳しい環境下でも消防隊員の安全性と安心感を高めます。

写真:新救助ボート

 さらに、このウレタン注入ボートの推進力を確保するための船外機には「ジェット船外機」が採用されました。このジェット船外機の一番の特徴は、プロペラがなく、ジェット水流で推進することで、浅瀬走行が可能となり、また不意の浮遊物でもプロペラに巻き込むことなく、乗り越えて走行が可能なことです。

写真:新救助ボート

 配置された、ウレタン注入ボートにジェット船外機を搭載した組み合わせは千葉県初です。
 また、12月13日(木曜日)には江戸川河川で、実災害に対応するための舟艇訓練が実施され、消防本部特別救助隊と南消防署消防隊が参加しました。

写真:新救助ボート

 本市にも起こり得る、台風等による水難救助事案のほか大規模災害時に最大限の力が発揮できるよう、市民の安心・安全を守るために備えてます。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総合政策部 秘書広報課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第1庁舎3階
電話:04-7150-6063 ファクス:04-7150-0111
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。