ぐるっと流山 流山陶友会が健康福祉基金へ寄附

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1019950  更新日 平成30年11月12日 印刷

チャリティー陶芸市売上金を寄附 「健康福祉基金」へ

写真:懇談の様子

 平成30年11月8日(木曜日)、流山陶友会(末廣正人会長)が市長室を訪れ、「健康福祉基金」に10万円を寄附してくださいました。これは11月4日(日曜日)に開催された「第40回流山市民まつり(森のフェスティバル)」で同会チャリティー陶芸市を開催し、その売り上げの一部をお持ちいただいたものです。

写真:寄附を手渡す様子

 流山陶友会は、東深井にある高齢者福祉センター森の倶楽部内北部高齢者趣味の家で、陶芸を楽しんでいるサークルです。昭和55年に発足したこのサークルは、当時、市が主催していた陶芸教室の卒業生の皆さんの集まりで、花瓶や茶器などをつくっています。同会は、毎年チャリティバザーの収益金の一部を健康福祉基金として寄附してくださっています。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総合政策部 秘書広報課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第1庁舎3階
電話:04-7150-6063 ファクス:04-7150-0111
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。