ぐるっと流山 新川小学校で給食試食会

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1020014  更新日 平成30年11月21日 印刷

第13回全国学校給食甲子園・関東ブロックベスト4の献立を楽しむ

写真:新川小学校の給食試食会に参加する地域の方々

 平成30年11月13日(火曜日)、新川小学校で地域の皆さんや生産者の方々を招いての給食試食会が開催されました。
 この試食会は、同校の学校給食の献立が第13回「全国学校給食甲子園―地場産物を活かした我が校の自慢料理―」において、関東ブロックベスト4に選ばれたことの報告と、日ごろから学校給食でお世話になっている方々への感謝を兼ねて開催されたもので、約30人が会食を楽しみました。

写真:給食のメニュー
全国学校給食甲子園 関東ブロック・ベスト4に輝いた献立

 今年の「全国学校給食甲子園」には、全国から1701校が応募。同校の献立は、第1次選考と第2次選考を通過して千葉県の代表となりました。さらに、第3次選考の関東ブロックではベスト4に選ばれました。惜しくも第4次選考に進むことはできませんでしたが、千葉県代表として堂々の成績を収めることができました。

写真:新川小学校の給食試食会に

 選ばれた献立は、6月13日に給食で実施した「シャキシャキそぼろごはん・ちばっこさつま・青ねぎの彩り炒め・鰯のつみれ汁・国産オレンジ・牛乳」のメニュー。この献立を考えた同校の荒井栄養士は、「6月15日の千葉県民の日にちなみ、千産千消(地産地消)を意識して、千葉県の形をしたチーバくんさつま揚げを取り入れたほか、そぼろごはんには流山産のお米にシャキシャキした食感のれんこんと千葉県産の切り干し大根を使い、だしを効かせて塩分を抑えつつもしっかりした味を感じられるよう工夫しました」と話しました。

写真:給食を食べる新川小学校の児童

 また、「青ねぎの彩り炒め」では、流山産の青ねぎときゃべつを使用。肉やごま油を使って、子どもが苦手な青ねぎも食べやすくなっています。鰯のつみれ汁には、千葉県産のいわし団子とにんじん、流山産の長ねぎと小松菜が使用され、削り節と昆布の合わせだしといわし団子のうま味を感じられる満足感のある一品となっています。

写真:給食を美味しそうに食べる新川小学校の児童たち

 栄養士の考えた献立は、調理師の皆さんの愛情たっぷりのひと手間でさらにおいしく仕上げられ、同校の児童たちだけでなく、試食会に参加した皆さんにも大好評でした。また、給食の時間の校内放送では、「今日の給食は、全国学校給食甲子園で関東ブロックベスト4に選ばれた献立です」と紹介があり、地元の食材を使用されていることが説明されると、千産千消についての理解がさらに深まった様子でした。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

流山市役所
代表電話:04-7158-1111
〒270-0192 千葉県流山市平和台1-1-1