ぐるっと流山 第64回流山市文化祭 将棋部・囲碁部・茶道部

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1020012  更新日 平成30年11月16日 印刷

写真:将棋大会の様子

 平成30年11月4日(日曜日)、東部公民館で「市民将棋大会」が行われました。当日は、33人が参加し、A級(4段以上)とB級(3段以下)に分かれて対局し、それぞれ上位3人には日本将棋連盟から賞状が贈られました。

写真:囲碁大会の様子

 11月11日(日曜日)には、文化会館で「第16回囲碁まつり兼50周年記念囲碁大会」が開催されました。大会に先立ち行われた式典では、代表者の挨拶、来賓祝辞、功労者表彰、功労者謝辞と続きました。
 来賓の祝辞では、生涯学習部次長、文化協会会長がそれぞれ祝辞を述べ、流山出身のプロ棋士・高橋真澄さんは「流山で囲碁を覚え、大会の出場をきっかけに、プロを目指そうと思いました。いまの自分があるのは囲碁部のおかげです」と感謝の気持ちを話しました。

写真:功労者表彰の様子

 また、功労者表彰の一人である陣内富士男さんについて「流山市転入以来、囲碁がしたいという思いから数名の有志を集め、囲碁セットの整備に始まり、会員の募集や対局場の確保など、部員と協力し合いながら50年の長きにわたり、囲碁部を支え続けています」と司会者から紹介がありました。

写真:プロによる指導の様子

 午後には、流山市出身のプロ棋士、高橋真澄さんによる棋譜解説の講演会が開かれました。プロ棋士の解説という貴重な機会に、対局を終えた参加者の皆さんは熱心に聞き入っていました。また、この日の終わりには、各組の入賞者の表彰式も行われました。

写真:お茶会の様子

 同日、初石公民館で茶道部主催のお茶会も開催されました。この日は天気もよく、訪れた方々は明るい和室でお抹茶の濃い緑色と香りを楽しみました。
 文化祭は11月25日(日曜日)まで開催されています。文化祭についてのお問い合わせは、生涯学習課(電話04-7150-6106)まで。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総合政策部 秘書広報課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第1庁舎3階
電話:04-7150-6063 ファクス:04-7150-0111
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。