ジェネリック医薬品を使ってみませんか

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1000585  更新日 平成30年3月30日 印刷

薬代が安くなります

 ジェネリック医薬品とは、先発医薬品(最初に作られた新薬)の特許が切れた後に販売される医薬品のことです。
すでに有効性が確認されている成分をもとに製品開発するため、開発期間が短く、研究費等のコストも大幅に抑えられていることから、薬の価格も新薬と比べて安く設定することができます。
 そのため、患者さんの自己負担が軽減されるばかりではなく、医療保険財政の改善につながります。
まずは、かかりつけの医師又は薬剤師に相談してみましょう!
 病院では医師の診察時、薬局では処方せんを薬剤師に渡す時に「ジェネリック医薬品に変更できますか?」と聞いてみてください。
 なお、医師や薬剤師にお願いしにくい場合は、毎年7月に保険証を更新する際に送付する国民健康保険制度をまとめたパンフレットの裏表紙に「ジェネリック医薬品希望カード」が印刷されていますのでご利用ください。
 また、「ジェネリック医薬品希望」のカードケースや保険証などに貼れるシールがあります。市役所や出張所窓口にありますので、ご活用ください。 

「ジェネリック医薬品差額通知書」について

 流山市国民健康保険にご加入の方に、「ジェネリック医薬品差額通知」のハガキを毎年2月と8月に発送しています。このハガキは、現在使用している医薬品をジェネリック医薬品に切り替えた場合に、削減できる自己負担額をお知らせするものです。
 対象となる方は、国民健康保険に加入している方で、長期に投与が見込まれる循環器官、呼吸器官、消化器官及び糖尿病用薬を服用し、一定の金額以上の軽減が見込まれる方です。(すべての方ではありません。)
通知書を受け取られた方は、切替えの参考としてご活用ください。

問い合わせ先

 ジェネリック医薬品差額通知書に関するご質問は、ジェネリック医薬品差額通知コールセンターへお問い合わせください。

電話 フリーダイヤル 0120-53-0006

受付時間 平日午前9時から午後5時まで

関連リンク

ジェネリック医薬品検索が行えるジェネリックガイド

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

市民生活部 保険年金課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第1庁舎1階
電話:04-7150-6077 ファクス:04-7150-3309
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。