ぐるっと流山 北部公民館 苔玉づくり

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1018998  更新日 平成30年7月18日 印刷

写真:苔玉づくりの様子

 平成30年7月8日(日曜日)、北部公民館で苔玉作り講座が開催されました。山本宏さんを講師に迎え、5人の方が参加して水辺の植物「シペラス」と「ヒメトクサ」の2点を作りました。

写真:苔玉づくりの様子

 まずは、ヒメトクサ作りからスタート。基本はなんといっても土です。プラスチックのポットから取り外し、丸くトリミングした根鉢を土でまとめます。今回は先生が既にボール状にしておいてくれたケト土を、平たくパンケーキのように丸く伸ばし、その上に、根鉢を丸めたヒメトクサを置き、慎重に包んでいきます。単に包んだだけでは苔は落ちてしまいますので、しっかりと細い糸で縛ります。縛り方にもコツがあり、縦横斜めにしっかり縛りました。

写真:丸くした根鉢を平たく伸ばした土で包む

 ヒメトクサでコツを掴んだあと、シペラスづくりを行いました。先生からは、両方とも水辺のものなので水を欠かさないようにということと、日陰を好む「ヒメトクサ」と日光を好む「シペラス」の管理の仕方についてアドバイスがありました。

写真:講座に参加した皆さん

 最後に、完成した苔玉を手に記念撮影。皆さんとても満足されている様子でした。飾る場所についてスタッフが聞くと、「食卓において眺めながら食事をとります」と笑顔で話していました。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総合政策部 秘書広報課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第1庁舎3階
電話:04-7150-6063 ファクス:04-7150-0111
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。