財政部長

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1010118  更新日 令和1年10月8日 印刷

H31年4月の安井部長

 財政部長の安井 彰(やすい あきら)です。

 今年度も引き続き財政部を担当させて頂く事となりました。宜しくお願いいたします。

 平成31年第1回定例(3月)議会において、平成30年度補正予算や平成31年度当初予算等が審議・議決され、平成31年度がスタートしました。

 本年度の予算額は、順調な人口増に支えられ、市税収入が増加したことなどを受け、前年度と比較し45億8,200万円。率では8.3%増となる過去最大の600億円6,700万円となりました。一口に600億を超えたと言っても、どの程度の金額かは、なかなかイメージが湧きませんが、仮に一万円札で積み上げるとすると、600mを超える高さになり、634mの東京スカイツリーに迫る高さになります。なお、その重さについても6tを超える途方もない重さとなるものです。

 更に、各特別会計や上下水道事業会計を加えた予算の総額では1,033億4,469万1千円となっており、初めて1,000億円の大台を超えました。なお、平成31年度においては、10月からの幼児教育の無償化に係る補正予算の編成も想定しており、それに伴い更に予算規模が拡大することが、予想されます。加えて本年度は、来年度から始まる次期総合計画の策定を行う年度となります。次の10年間を見据えた財政見通しを総合政策部とともに作り上げていかなければならない大切な年度になります。いずれにいたしましても、財政部といたしましては、ヒト、モノ、カネのうち、引き続きカネの面から、各部局と協力しつつ、基本構想に定める将来都市像の実現に向け、歳入の確保と、歳出の抑制を図ってまいります。

 なお、予算関係の議案内容については、ページ下部の関連リンク『予算等に関する議決事項について』に掲載しております。

予算等に関する議決事項について

令和元年第3回定例会

令和元年第2回定例会

平成31年第1回定例会

平成30年第4回定例会

平成30年第3回定例会

平成30年第2回定例会

平成30年第1回定例会

業務や執行体制について

平成31年度 財政部の業務や執行体制について

平成30年度 財政部の業務や執行体制について

平成29年度 財政部の業務や執行体制について

平成28年度 財政部の業務や執行体制について

平成27年度 財政部の業務や執行体制について

平成26年度 財政部の業務や執行体制について

平成25年度 財政部の業務や執行体制について

平成24年度 財政部の業務や執行体制について

平成23年度 財政部の業務や執行体制について

部内各課の紹介

財政調整課
予算の編成に関すること、決算に関すること、その他財政に関することなど
税制課
市税および県民税の徴収、還付、口座振替等の事務処理、市税の納付に関するご相談など
市民税課
個人の市・県民税/法人市民税/軽自動車税の課税、臨時運行許可証の交付など
資産税課
固定資産税及び都市計画税の賦課に関すること、家屋の調査及び評価に関することなど

部内各課のページ

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

財政部
電話:04-7158-1111(内線:490)
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。