ぐるっと流山 えいごえほんライブ

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1033361  更新日 令和4年2月4日 印刷

えいごえほんライブ

 令和4年1月23日(日曜日)、森の図書館で「よみきかせ えいごえほんライブ!」が開催され、大人11名、子ども12名が参加しました。新型コロナウイルス感染症予防のため、検温、消毒、二酸化炭素濃度測定器、マスク着用のほか、参加人数の制限や換気など感染症対策を万全にして開催されました。
講師は英語ソムリエアカデミーの横溝美由紀先生と、3名のスタッフの皆さんです。開場から開演までのわずかな時間にも手遊びや絵本の読み聞かせがあり、子どもたちは開演をとても楽しみにしている様子でした。

えいごえほんライブ

 横溝先生のウクレレ演奏と歌、楽しげな音楽と共に開演です。
雪で遊ぶクマさんたちのかわいらしい絵本のお話が始まると、みんな集中して静かに聞いていました。
次に、ホワイトボードに5匹の子ザルのお顔が描かれ、子ザルのお話が始まりました。ベッドから落っこちて1匹ずつ減っていく様子に、笑い声や歓声が上がっていました。先生と一緒にみんなの歌声も重なってとても楽しそうです。

えいごえほんライブ

 紙芝居「おおきくおおきくおおきくなあれ」では、「GROW GROW GROW BIGGER!」の声とともに場面を抜くと、大きくなった絵が現れる様子にみんなびっくり。最初は見ているだけだった子も、だんだんと「グロウ、グロウ...」と声を出していました。
ビックブック「ねずみくんのチョッキ」は子どもたちに馴染みのある絵本。ねずみくんと同じ赤いチョッキを着た読み手さんによるお話に、ページがめくられるたびワクワクしている子どもたちの顔が見られました。

えいごえほんライブ

 最後はバスのうたです。バスの車輪の回る様子やドアの開閉、クラクションの音などが英語で描写された、楽しい曲です。ウクレレに合わせてみんなで歌い、手遊びをして盛り上がりました。
講座の間、語りかけも全て英語でしたが、子どもたちは戸惑う様子もなく、積極的に英語で答えている姿が印象的でした。

えいごえほんライブ

 帰りにはみんな笑顔で、「楽しかった!」という声がたくさん聞こえてきました。また、「知っている曲で一緒に歌えて嬉しかった」というお子さんや、保護者の方からは「もっと頻繁に開催してほしい」といった声も聞かれました。
森の図書館では、現在、毎週水曜日におはなし会を行っています。また、2月には子ども創作教室を開催予定です。詳細は、今後の広報ながれやまや森の図書館ホームページをご覧ください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

生涯学習部 図書館
〒270-0176 流山市加1丁目1225番地の6 流山市立図書館
電話:04-7159-4646 ファクス:04-7159-4765
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。