ぐるっと流山 布ぞうり作り

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1027603  更新日 令和2年8月14日 印刷

写真:ひもを付けた様子

 令和2年8月5日(水曜日)、北部公民館主催で第12回となる「布ぞうり作り」講座が開催されました。募集定員は13人で、キャンセル待ちがでるほどの大盛況でした。
 今回は、各家庭で不要になったTシャツやシーツなどの古布を活用して布ぞうりを作りました。編み込む作業の前に、まず、古布をひも状に裁断しました。その後、ぞうりの骨格となるロープを足に掛けて、編み込みの準備が完了。足指に掛けたロープに、断裁しひも状になった布を編み込み、オリジナルのハンドメイド布ぞうりを作成しました。

写真:足の様子

 編み込みの作業は、徐々に形が出来上がる楽しい工程です。型紙でサイズなどを確認しながら形を整えます。編み方の強弱など、配布された資料だけでは十分に説明できない部分は、スタッフがお手本を見せながら作業を進めていきます。

写真:完成したぞうり

 好みのサイズまで編み込んだら仕上げの工程に入ります。編み終わった先端をまとめて縦のロープを手前に引くと、きれいな楕円形になります。鼻緒を付け、ぞうりの裏の余分な布を揃えれば完成です。各家庭の不要になった布を活用することで、環境に優しい布ぞうりができました。
 今後も北部公民館では、「布ぞうり作り」の講座を開催する予定ですので、ぜひご参加ください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総合政策部 秘書広報課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第1庁舎3階
電話:04-7150-6063 ファクス:04-7150-0111
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。