就学前障害児の発達支援の無償化について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1022703  更新日 令和1年9月2日 印刷

就学前障害児の発達支援の無償化

令和元年10月1日から就学前障害児を対象とした児童発達支援等のサービスの利用者負担額が無償化されます。

 

対象となるサービス

児童発達支援

医療型児童発達支援

居宅訪問型児童発達支援

保育所等訪問支援

福祉型障害児入所施設

医療型障害児入所施設

対象期間

満3歳になって初めての4月1日から3年間

その他注意事項

  • 無償化にあたり、新たな手続きは必要ありません。(すでにお持ちの受給者証については、期限まで引き続きご利用できます。)
  • 市民税非課税世帯は既に無償となっています。
  • 利用者負担以外の費用(医療費や、食費等の現在実費で負担しているもの)は引き続きお支払いいただくことになります。
  • 幼稚園、保育園、認定こども園等と、上記サービスの両方を利用する場合は、両方とも無償化の対象となります。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 障害者支援課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第2庁舎1階
電話:04-7150-6081 ファクス:04-7158-2727
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。