補助犬

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1001030  更新日 令和3年11月29日

印刷大きな文字で印刷

身体障害者補助犬をご存知ですか?

身体障害者補助犬とは

 身体障害者補助犬(以下「補助犬」という。)とは、目や耳、手足に障害のある方をサポートする盲導犬、聴導犬、介助犬のことを言い、身体障害者補助犬法に基づき特別な訓練を受け認定されています。
 補助犬ユーザーは補助犬の衛生面や行動に責任を持って補助犬と一緒に社会参加をしており、公共施設等において補助犬を受け入れることは、身体障害者補助犬法で義務づけられています。
 

補助犬の種類と役割

1 盲導犬

 目の不自由な人を街中で、障害物を避けながら安全に誘導するのが仕事です。体にハーネスという胴輪をつけているのが特徴です。

2 介助犬

 体の不自由な人の手足となって働きます。ドアを開けたり、電気をつけたり、ベッドへの移動を介助したり、障害に応じて活躍します。

3 聴導犬

 耳の不自由な人に音を知らせます。お湯の沸く音、ドアのチャイム、電話やファクス、車のクラクションなどを聞き分けて伝えます。

身体障害者補助犬同伴OKのマーク
身体障害者補助犬同伴OKのマークです。お店の入り口で見かけたら、よろしくね。

補助犬ユーザー受け入れガイドブックについて

「身体障害者補助犬の質の確保と受け入れを促進するための研究(厚生労働科学研究)において「補助犬ユーザー受け入れガイドブック」が取りまとめられました。ご覧いただき、補助犬の受け入れ促進にご協力お願い申し上げます。

補助犬ユーザー受け入れガイドブック(業種別)

補助犬ユーザー受け入れパンフレット(業種別)

ご意見をお聞かせください

このページに問題点はありましたか?
(複数回答可)


このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 障害者支援課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第2庁舎1階
電話:04-7150-6081 ファクス:04-7158-2727
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。