自立支援医療(更生医療)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1000995  更新日 令和3年5月21日 印刷

制度概要

対象者

 身体障害者福祉法に基づき身体障害者手帳の交付を受けた者で、その障害を除去・軽減する手術等の治療により、確実に効果が期待できる方(18歳以上)

給付内容

 身体障害者が、その障害を除去・軽減するための医療費にかかる自己負担分について、所得に応じて給付します。医療費の負担割合が一割となり、世帯の課税状況等により月額負担上限額を設定することでの給付となります。(下記「医療月額負担上限額表」参照)

対象となる主な医療

 角膜移植術、外耳形成手術、人工関節置換術、ペースメーカー埋込み手術、人工透析療法、肝臓移植術等

(注)更生医療に該当するかは指定医にご相談ください。

給付申請

  • 自立支援医療(更生医療)給付申請書
  • 同意書
  • 健康保険証の写し
  • 特定疾病療養受領証(お持ちの方のみ。)
  • 自立支援(更生医療)給付要否意見書(指定医療機関の指定医師に記入していただきます。)
  • 身体障害者手帳(医療の内容と障害部分が一致していなければなりません。)

備考

  • 申請用紙は障害者支援課にあります。(出張所での受付は行っておりません。)
  • 自己負担金は医療機関へお支払いいただきます。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 障害者支援課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第2庁舎1階
電話:04-7150-6081 ファクス:04-7158-2727
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。