ぐるっと流山 流山音訳グループが広報などを音訳

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1019258  更新日 平成30年8月22日 印刷

写真:音訳の様子

 平成30年8月13日(月曜日)、ケアセンターで「流山音訳グループ」による広報ながれやまなどの音訳が行われました。
 同グループは、活動を続けて35年になり、現在は約30人の方が参加。毎月3~5日間ほどケアセンターの防音室で、広報ながれやまや文芸などを音訳してCDに録音し、目の不自由な方に届けています。

写真:音訳の様子

 音訳は、書かれている文字をただ声にして読むというだけではなく、イラストや写真も言葉にして伝えます。マイクに向かって声量やアクセント、息遣いなどに気をつけながら最新の技術を用いて録音。皆さん楽しそうでありながら緊張感も漂っています。

写真:音訳の様子

 9月25日(火曜日)からは、元日本放送のアナウンサーの方を講師に迎え、一般市民向けに全7回の音訳ボランティア養成講座を開催します。興味のある方は、流山音訳グループ会長の脇田さん(電話04-7158-1513)にお問い合わせください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総合政策部 秘書広報課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第1庁舎3階
電話:04-7150-6063 ファクス:04-7150-0111
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。