ぐるっと流山 保育所のおやつに流山産の枝豆

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1031606  更新日 令和3年7月29日 印刷

当日の様子

 令和3年6月30日(水曜日)、7月1日(木曜日)、市内の公立保育所5園では、3歳以上児の午後のおやつに枝豆が出ました。
 これは、地産地消を通した食育として毎年行われ、中野久木の農家・鈴木謙次さんの畑で採れた枝豆が出されています。鈴木さんは、子どもたちに枝豆を美味しく食べてもらおうと、春先から一生懸命育ててくれました。

当日の様子

 例年、枝豆もぎは5歳児さんが担当していましたが、新型コロナウイルスの影響を考慮し、今年は給食室の調理師の皆さんが枝豆もぎを行い、おいしく蒸しました。

当日の様子

 おやつの前に担任の先生から「みんなが大好きな枝豆は、収穫される前はどんな姿なのかな?」とお話しがあり、葉っぱや枝をとる前の枝豆を子どもたちに見せると、「初めて見た!」「えー!こんな姿なんだね」と楽しそうに会話しながら、各班でじっくり枝豆を観察しました。

当日の様子

 枝豆の上手な食べ方を先生から教えてもらった後、待ちに待ったおやつの時間です。枝豆を両手で持って、ふくらんでいる箇所を押すと、中の豆がポンと顔を出します。最初は落としてしまう子もいましたが、最後はみんな落とさずに上手に食べていました。おいしい枝豆を食べたお子さんからは「謙次さんありがとう。とってもおいしかったよ」と生産者の鈴木さんに対する感謝のことばが聞かれました。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総合政策部 秘書広報課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第1庁舎3階
電話:04-7150-6063 ファクス:04-7150-0111
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。