ぐるっと流山 森の図書館 英語でおはなし会

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1031546  更新日 令和3年7月2日 印刷

イベントの様子

 令和3年6月27日(日曜日)、森の図書館の視聴覚室で「英語でおはなし会~English Story Time~」が開催されました。今回で8回目となるこのおはなし会は、海外在住経験や渡航経験のある図書館司書が、市内図書館に所蔵されている洋書絵本の読み聞かせを英語で行うものです。

イベントの様子

 会場では、新型コロナウイルス感染症予防のため、二酸化炭素濃度を事前に測定し、換気の徹底と検温、消毒、参加者全員のマスク着用、また、ソーシャルディスタンスを保つため会場の定員を半数以下にするなどの対策を講じて実施され、お子さん12人と保護者12人が参加しました。

イベントの様子

 おはなし会のスタートは、英語の手遊び歌「BINGO」を行いました。ホワイトボードに書かれた英語の歌詞を追いながら、B・I・N・G・Oの5文字を、拍手に置き換えます。軽快な音楽とともに、皆さん手遊び歌を楽しそうに繰り返していました。
 続いて、絵本による英語でおはなし会が始まります。会場の皆さんに披露されたビックブックの絵は、大胆でカラフルな素晴らしい絵です。英語が分からない小さなお子さんも感激した様子で会場からは「わぁ、きれい」という大きな声が上がりました。

イベントの様子

 次は、日本語と英語表記の紙芝居を使った、皆さんに楽しんでもらえる参加型のお話です。最初に行った「BINGO」の歌で拍手を意味する“clap”は、もう皆さんお手のものです。読み手の「Everybody clap!」という掛け声とともに皆さんが拍手をすると、次々に新しいキャラクターが登場し、全員が笑顔で拍手をしながら聞いていました。

イベントの様子

 最後は、大型スクリーンに電子書籍の童話が投影されました。やさしい日本語で書かれたストーリーが投影され、読み手は英語で語りました。照明を落とした部屋の中で、大画面に現れたオオカミは迫力満点。お子さんたちはとても驚いた様子でした。日英電子書籍は、流山市立図書館ホームページより市民の方が利用できます。

イベントの様子

 歌に始まり、ビッグブック、紙芝居、大型スクリーンを使用した今回の英語でおはなし会は、皆さんとても楽しまれた様子で、参加されたお母さんは「今日は良い時間を過ごせました。子どもたちは英語が大好きになると思います」と感想を話してくれました。5歳の男の子は「“clap”と“wolf”を覚えたよ」と嬉しそうに話してくれました。

イベントの様子

 森の図書館で開催されるイベントは、広報ながれやまや森の図書館ホームページでお知らせします。また、森の図書館では毎週水曜日の15時に定例のおはなし会が開催されています。詳細は、森の図書館(電話04-7152-3200)へお問い合わせください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総合政策部 秘書広報課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第1庁舎3階
電話:04-7150-6063 ファクス:04-7150-0111
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。