ぐるっと流山 双子の子育てひろば~さくらんぼくらぶ~

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1031479  更新日 令和3年6月26日 印刷

イベントの様子

 令和3年6月5日(土曜日)、初石公民館で文化会館の事業「双子の子育てひろば~さくらんぼくらぶ~」が開催され、3組8人の親子が参加しました。「さくらんぼくらぶ」は双子・三つ子の子育てをする親たちの交流の場として、平成21年6月6日に文化会館を会場に自由参加のサロン形式で始まった事業です。双子、三つ子の子育て特有の悩みを共有できる場となるよう、感染対策を講じながら実施しました。

イベントの様子

 事業には、双子の育児を行っているご両親、お子さんの育児をしながら双子を妊娠しているお母さん、ご夫婦が参加しました。講師には、助産師の小林由美子さんをお招きし、双子の子育てに関するさまざまなアドバイスをしていただきました。

イベントの様子

 参加者の方から「スプーンを使って食事を上手にとる際のポイントは何か」「ベビーカーは縦型か横型のどちらがいいのか」などの質問があり、小林さんは「子どもが自らスプーンで食べるお皿と両親が食べさせるお皿を分けて食べさせるといいです。また、横型のベビーカーはバス移動に不便です」とお話がありました。

イベントの様子

 次回の「さくらんぼくらぶ」は、令和3年10月に初石公民館で実施する予定です。双子・三つ子を妊娠中の方もご参加いただけます。詳細は文化会館(電話04-7158-3462)へお問い合わせください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総合政策部 秘書広報課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第1庁舎3階
電話:04-7150-6063 ファクス:04-7150-0111
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。