ぐるっと流山 南流山ぽかぽかサロン

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1010886  更新日 平成29年9月15日 印刷

畳の上で遊ぶ子どもの写真

 平成29年5月18日(木曜日)、南流山福祉会館で「親子の広場 南流山ぽかぽかサロン」が開催され、62組126人の親子が参加しました。南流山ぽかぽかサロンは、平成15年からはじまった「南流山ひだまりサロン」から名前を変えて、今月から新しくスタートしました。

交流を深めるママたちの写真

 0歳からさまざまな年齢の子どもたちが集まり、大広間の畳の上を自由に動き回ったり、おもちゃで遊んだりしました。サロンへの参加は初めてという方も多かったですが、お母さん同士の交流も盛んに行われていました。「最近引っ越してきたばかりで友だちがあまりいないので、子どもを持つお母さんと接する機会があるのはうれしいです」という声もありました。会場横で開設された「流山おもちゃ病院」を目当てにお越しになる方もいらっしゃいました。

工作に取り組む子どもたちの写真

 工作コーナーでは、ペットボトルなどの空き容器を利用したマラカスづくりを行いました。容器の中に小豆やカラフルなビーズを入れて、個性あふれるマラカスを作りました。作ったマラカスで楽しそうに遊ぶ子どもたちの様子を、お母さんたちは微笑ましく見守っていました。

集合写真

 遊びがひと段落した後、お誕生日会を行いました。今回は4月・5月生まれの子どもたち8人が舞台にあがり、手作りのメダルがプレゼントされました。お母さんと一緒に記念撮影を行うと、子どもたちはとてもうれしそうにしていました。オカリナの音色に合わせてみんなでハッピーバースデーの歌を歌い、お誕生日を祝福しました。今後も毎月、お誕生月のお友達をお祝いする予定です。

オカリナ演奏の写真

 お待ちかねのミニイベント、ダ・カーポ流山の皆さんによるオカリナコンサートが行われました。「おもちゃのチャチャチャ」では、「チャチャチャ」の歌詞に合わせて作ったばかりのマラカスを振り、リズムにのっていました。「げんこつ山のたぬきさん」では、お母さんと子どもが一緒に手遊びをして楽しむ様子が見られました。そのほかにも、ディズニーメドレー、子守唄などが演奏され、オカリナのメロディーにのって体を揺らすなどうれしそうにコンサートを聴いていました。お母さんたちもオカリナの優しいメロディーに癒されたようでした。ダ・カーポ流山の金井さんは、「小さいお子さんの前で演奏するのは初めてです」と話をされていましたが、大人も子どもも一緒になって盛り上がったコンサートでした。

おもちゃで遊ぶ子どもの写真

 南流山ぽかぽかサロンは、8月を除く毎月第3木曜日に開催しています。次回6月15日(木曜日)は親子ヨガインストラクターのはやしめぐみさんをお招きして、親子でヨガを楽しみます。申し込み不要ですので、南流山福祉会館に直接お越しください。お問い合わせは文化会館(電話04-7158-3462)まで。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総合政策部 秘書広報課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第1庁舎3階
電話:04-7150-6063 ファクス:04-7150-0111
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。