ぐるっと流山 プリザーブドフラワー作品展

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1010881  更新日 平成29年9月15日 印刷

プリザーブドフラワー作品展 花のある暮らしを楽しむ

来場者に説明する三上さん

 5月11日(木曜)から21日(日曜)まで、杜のアトリエ黎明でプリザーブドフラワー作品展が開催されています。この展示会は、市内在住のフラワーデザイナーの三上久美子さんと、三上さんの主宰する「カンパニュラ」の生徒のみなさんの作品が展示されています。プリザーブドフラワーやアーティフィシャルフラワー(造花)を使用したアレンジメントを、テーブルコーディネートとともに鑑賞することができます。

カンパニュラのみなさんの作品

 プリザーブドフラワーは、生花に特殊保存加工技術を施すことで、そのみずみずしさや柔らかさを長期間楽しめる加工花です。また、アーティフィシャルフラワーは近年品質が向上しており、本物のような花姿や、実や葉物などさまざまな種類の花材がアレンジメントの幅を広げています。水替えや後処理の心配もなく、美しさが長持ちすることがメリットです。

黄色いバラを使ったアレンジメント

 プリザーブドフラワーのアレンジメントは、いけばななどの生花の作品と比べて、平面的な構成ものが多いと言われていますが、三上さんは花だけでなく枝や木の実なども使って立体的で風を感じるようなスタイルを目指しているそうです。「自然の庭や花をそのまま切り抜いたようなナチュラルな作品が暮らしの中にあることで、毎日の生活が優しい雰囲気に包まれ心和むものとなるのでは」と三上さんはお話されていました。

制作の過程もパネルで展示

 同じ花材を使っても、作る人によって全て違う表情になるのが興味深い点です。「フラワーアレンジメントに『こうしなければならない』という決まりはありません。レッスンでは、色の合わせ方のポイントや基本的な配置などをお伝えするだけで、生徒のみなさんの自由な感性で作品づくりを楽しんでもらっています。それぞれの作品の個性を味わって頂きたいですね。」と展示会の見どころを教えていただきました。

同じ花材を使っても個性ある作品が生まれる

 教室に通って2年になるという長岡さんは「最初に作った作品はクリスマスキャンドルのアレンジメントでした。春にはいちご、夏には仏花など、季節ごとのテーマでアレンジメントを制作しています。」とお話くださいました。同じく作品を出品した小林さんは「作りたい色やイメージをお伝えすると、先生が材料を揃えてくださいます。少人数の和やかな雰囲気でアレンジメントを作る楽しさを感じています」と制作の過程を教えてくださいました。

フラワーアレンジメントで暮らしにいろどりを

 展示会は21日(日曜)までの9時から17時まで。15日(月曜)は休館。最終日は15時30分まで。入場無料。
 なお、会場である杜のアトリエ黎明は5月14日(日曜)から16日(火曜)の3日間にわたって市内各所で開催される「ながれやまオープンガーデン」にも参加しています(15日(月曜)は休館日)。新緑が美しい庭園と室内の展示作品を同時に楽しめるまたとない機会です。ぜひご覧ください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総合政策部 秘書広報課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第1庁舎3階
電話:04-7150-6063 ファクス:04-7150-0111
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。