まちなか森づくりプロジェクト~いのちを守る森づくり~

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1002620  更新日 令和2年1月23日 印刷

まちなか森づくりプロジェクト

 流山市が進める「まちなか森づくりプロジェクト」は、公園の一部や公共施設をはじめ、用水路跡地や道路用地などの「ちょっとしたスペース」に植栽を行い、街の中に緑をつくる取組です。

 生活に潤いや安らぎを提供するだけではなく、防災対策や温暖化防止、ヒートアイランド対策、防音、防塵、防風など多様な役割が期待されています。

令和元年度 まちなか森づくりプロジェクト

令和元年10月1日(火曜日)、十太夫近隣公園で公益社団法人全日本トラック協会、一般社団法人千葉県トラック協会、関東トラック協会の主催により「トラックの森植樹祭」が開催されました。トラック協会関係者14名と井崎市長によりコナラ、クヌギ、イヌシデが15本が植えられました。

令和元年10月24日(木曜日)、向小金1号緑地でまちなか森づくりプロジェクト「トラックの森づくり」植樹祭を開催し、向小金小学校6年生の児童97人が参加しました。

「トラックの森づくり」は、一般社団法人千葉県トラック協会が、毎年、植樹活動による地球温暖化対策への貢献事業として進めているもので、本年度も流山市の「まちなか森づくりプロジェクト」の一環として開催していただき、シイ、タブ、カシ、コナラ、サツキツツジの苗木を計213本提供していただきました。

市民団体「小さな森づくりin流山プロジェクト」の皆さんにもご参加いただき、シダレザクラを提供していただきました。

集合写真

集合写真

平成30年度 まちなか森づくりプロジェクト

 平成30年10月18日(木曜日)、市野谷の森東近隣公園(予定地)で、平成30年度まちなか森づくりプロジェクト「トラックの森づくり」植樹祭を開催し、おおたかの森小学校5年生の児童160人と一緒に約200本の樹を植樹しました。

 一般社団法人千葉県トラック協会との共同開催は今年で5年目となり、シイ、タブ、カシ、ヤマザクラ、サツキツツジの苗を計191本提供していただきました。

 どんぐりから苗を育て被災地などに届ける活動を行っているボランティア団体「小さな森づくりin流山プロジェクト」の皆さんにも参加していただき、一部タブなどの苗を提供していただきました。

 植樹風景

集合写真

平成29年度 まちなか森づくりプロジェクト

平成29年度まちなか森づくりプロジェクト小山小

 平成29年10月30日(月曜日)、台風のため延期となったまちなか森づくりプロジェクト「トラックの森づくり」をおおたかの森東1号、2号、3号緑地で開催しました。小山小学校の4年生の児童160人の皆さんの協力で行われました。

 木枯らし1号が吹く中、シイ・タブ・シラカシ・ツツジ・サクラなど計約220本の苗木を植樹しました。どんぐりから苗を育て被災地などへの植樹を進める市民団体「小さな森づくりin流山プロジェクト」(秋元五郎代表)が育てた苗木6本も含んでいます。

 この「トラックの森づくり」は、一般社団法人千葉県トラック協会が、毎年、植樹活動による地球温暖化対策への貢献事業として進めているもので、本年度も流山市の「まちなか森づくりプロジェクト」の一環として開催しました。

平成28年度 まちなか森づくりプロジェクト

 平成28年11月17日(木曜日)、十太夫近隣公園で流山市・千葉県トラック協会主催により市制50周年記念まちなか森づくりプロジェクト「トラックの森づくり植樹祭」を開催しました。今回は、小山小学校の4年生の児童109人の皆さんの協力で行われました。 

 今回植樹した樹は、サツキツツジ、シイ、タブ、カシなど350本の苗木です。この「トラックの森づくり」は、一般社団法人千葉県トラック協会が、毎年、植樹活動による地球温暖化対策への貢献事業として進めているもので、本年度も流山市の「まちなか森づくりプロジェクト」の一環として開催しました。今回は平成26年度より3年間のご協力に対し、市から感謝の意を表して感謝状を贈呈しました。
 
トラックの森づくり
植樹風景
トラックの森づくり
記念看板と全体写真

平成27年度 まちなか森づくりプロジェクト

 平成27年10月29日(木曜日)、木1号公園で流山市主催により「トラックの森づくり植樹祭」を開催しました。今回は、南流山小学校の4年生の児童136人の皆さんの協力で行われました。 
 今回植樹した樹は、サツキツツジやシイノキ、タブノキ、シラカシ、ソメイヨシノの5種310本の苗木です。特にツツジは流山市の花でもあります。
 この「トラックの森づくり」は、一般社団法人千葉県トラック協会が、毎年、植樹活動による地球温暖化対策への貢献事業として進めているもので、本年度も流山市の「まちなか森づくりプロジェクト」の一環として開催しました。
トラックの森づくり
植樹風景
トラックの森づくり
記念看板と除幕式

平成26年度 まちなか森づくりプロジェクト

 平成26年11月1日(土曜日)流山市主催により、おおたかの森スポーツフィールドで、「トラックの森づくり」植樹祭を開催しました。
 
 この「トラックの森づくり」は、一般社団法人千葉県トラック協会が、毎年、植樹活動による地球温暖化対策への貢献事業として進めているもので、本年度は流山市の「まちなか森づくりプロジェクト」の一環として開催され、シイ・タブ・シラカシなど188本の苗木を植樹しました。
トラックの森づくり
記念看板と全体写真
トラックの森づくり
植樹風景

平成25年度 まちなか森づくりプロジェクト

 世界的な森づくりの第一人者である横浜国立大学名誉教授・宮脇昭先生が顧問を務めるNPO法人「地球の緑を育てる会」からの提案を受け、小中学校やクリーンセンター、下花輪福祉会館(ほっとプラザ下花輪)など市内5カ所で宮脇先生の指導による植樹を行いました。
 
 この事業は同NPO法人が実施主体となり、公益財団法人日本財団の助成により行い、市は、市民団体などと「まちなか森づくりサポート委員会」を設立し事業に協力しました。
平成25年度植樹結果
場所
日程
面積
(平方メートル)
植樹本数
(本)
参加人数
(人)
新東谷防災広場
平成25年 9月23日(月・祝)
60
200
110
ほっとプラザ下花輪
平成25年 9月29日(日曜日)
1,143
4,000
340
鰭ヶ崎小学校
平成25年10月15日(火曜日)
335
1,500
620
クリーンセンター
平成25年11月 4日(月・祝)
904
3,200
270
南流山中学校
平成26年 2月28日(金曜日)
280
1,500
430
合計
2,722
10,400
1,770
ほっとプラザ下花輪
ほっとプラザ下花輪での植樹風景(平成25年9月29日)
ほっとプラザ下花輪
ほっとプラザ下花輪での植樹風景(平成25年9月29日)

協賛金の募集は終了しました。

 「まちなか森づくりプロジェクトサポート委員会」では、本事業への協賛金を募集したところ、多くの御協賛を得ることが出来ました。次世代へ緑あふれる環境を残していくため、有効に活用させていただきます。誠に有難うございました。

 

平成22年度 宮脇方式による植樹

  宮脇先生は「日本一多く木を植えた男」と呼ばれ森づくりの第一人者として有名で、流山市では平成22年9月に流山市立西深井小学校で講演及び植樹指導をしていただきました。

  地域由来の木(シイ、タブ、カシ類など)を、複数おり混ぜながら植樹し、短い期間で本物の森を創出する独特でユニークな理論とともに、だれよりも木を愛し、森づくりを熱く語る宮脇氏のことばは、「都心から一番近い森のまち」である流山市の皆様に、きっと心に響いたものと思います。
 

宮脇先生講演
宮脇先生による講演(平成22年9月27日)
西深井小学校での植樹
西深井小学校での植樹(平成22年9月27日)

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

環境部 環境政策課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第1庁舎3階
電話:04-7150-6083 ファクス:04-7158-9777
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。