ぐるっと流山 市内在住の飯田信義さんによる切り絵講座

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1031373  更新日 令和3年6月11日 印刷

講座の様子

 令和3年4月14日(水曜日)より4回にわたり、流山おおたかの森駅前観光情報センターで市内在住の切り絵作家・飯田信義さんを講師にお招きし、「切り絵で描く流山 切り絵講座」を開催しました。
 飯田さんは流山本町に現在100基以上設置されている「切り絵行灯」の切り絵製作者の1人で、流山の情緒豊かな風景を見事に表現し多数の作品を生み出しています。

講座の様子

 毎回好評ですぐに満員となる講座ですが、新型コロナウィルス感染拡大予防のため、換気・消毒を徹底し、定員の半分の12名に減らして実施しました。

講座の様子

 最初に飯田さんの手順を実際に見ながら説明を受け、デザインナイフの使い方やラシャ紙の取扱い方を学びました。デザインは利根運河や江戸回廊をモチーフにした飯田さんの下絵から好きなものを選んで挑戦します。切り絵は細い線で絵全体がつながっている独特な構成なので、参加者の皆さんは苦心しながら作業を進めましたが、自分の作品をライトアップして見たときにはその美しさに感動されていました。

講座の様子

 講座に参加された皆さんは楽しみながら、時間を忘れて制作に打ち込んでいました。切り絵に親しむと普段目にしている風景を違った視点で見ることができるかもしれません。コロナ禍で遠方への外出はなかなかできませんが、流山本町の切り絵行灯をめぐるなど、古き良き時代の香り漂う町並みを楽しんでみませんか。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総合政策部 秘書広報課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第1庁舎3階
電話:04-7150-6063 ファクス:04-7150-0111
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。