ぐるっと流山 交通安全ノートの寄贈式

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1030946  更新日 令和3年5月12日 印刷

寄贈の様子

 令和3年4月14日(水曜日)、ポラス株式会社から市内の小学校に通う新1年生に、入学祝いとしての交通安全ノートが寄贈されました。
 ポラス株式会社と市内の小学校に通う児童とのつながりは、「交通ルールを守ることはいのちを守ること」という思いを伝えるために平成13年から始まり、当初は、ランドセルにぶら下げるセーフティハンドを寄贈されていました。

寄贈の様子

 その後、平成22年からは、現在の交通安全ノートが寄贈されるようになりました。青少年教育が専門の千葉大学教育学部教授・明石要一先生が監修する交通安全ノートには、「交通ルールを守ることはいのちを守ること」というメッセージが記されており、児童がノートを見るたびに交通安全への意識が芽生えるよう工夫されています。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総合政策部 秘書広報課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第1庁舎3階
電話:04-7150-6063 ファクス:04-7150-0111
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。