ぐるっと流山 市内の風景を描いた切り絵の寄贈式

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1030648  更新日 令和3年4月22日 印刷

寄贈の様子

 令和3年4月16日(金曜日)、流山・切り絵プロジェクト(代表・岡本哲哉さん)の皆さんが市長室を訪れ、令和元年度に流山市表彰を受賞された飯田信義さんの2種類の切り絵を寄贈されました。
 流山・切り絵プロジェクトは、市内の風景を描いた切り絵をオランダへ寄贈することで、流山市と歴史的なつながりのあるオランダとの交流を深めるために始まりました。一時停滞していた同プロジェクトでしたが、令和2年に再開し、65人から60万円を超える寄附金が集まりました。

切り絵

 同団体は、寄附金をもとに飯田さんの3作品を購入。このうち、利根運河を描いた切り絵の作品1枚は、3月29日にオランダ大使館でペーター ファン・デル・フリート大使に手渡し、残りの利根運河を描いた切り絵の作品と近藤勇陣屋跡の作品は、市に寄贈されました。

懇談の様子

 寄贈にあたり代表の岡本さんは「流山をたくさんの方に知ってもらうために活用していただきたいです」と話され、井崎市長は「多くの方の目に届く場所に展示し、流山市の魅力発信につなげられるツールとして有効活用させていただきます」と話しました。
 寄贈された作品2枚は、今後流山おおたかの森駅前観光情報センターで展示される予定です。ぜひご覧ください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総合政策部 秘書広報課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第1庁舎3階
電話:04-7150-6063 ファクス:04-7150-0111
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。