ぐるっと流山 2017流山グリーンフェスティバルの花絵づくり

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1010905  更新日 平成29年9月15日 印刷

市制施行50周年を迎えた市への願いを込めた花絵が完成

花絵作成に多くの方が協力してくれました

 平成29年4月29日(土曜日)、流山おおたかの森駅南口都市広場で毎年恒例の花絵づくりが行われました。今回のテーマは「50のhope(ホープ)」。市制施行50周年を迎えた流山市が、この先50年も緑豊かで希望にあふれた街であるようにとの願いを込め、西初石6丁目の自治会の皆さんや江戸川大学の学生たちなどが協力して6メートル超の花絵を作成しました。

江戸川台学の学生たちによる階段イラストの作成風景

 流山おおたかの森駅から会場へと続く南口の大階段では、江戸川大学の学生だけで構成される仮想広告代理店「エド・アド」の皆さんによるステップアートが作成されたほか、広場ではカントリーハウスとグリーンチャペルの飾り付けが行われました。4歳と1歳のお子さんと一緒に広場を訪れていた、西初石からお越しの柏崎さんは「散歩途中にきれいな花が並べられているのを見つけて立ち寄ってみました。子どもも楽しめる木製ハウスもあって、子どもたちと楽しい時間を過ごすことができました」と語ってくれました。

イベントに向けて設置された木製ハウス

 グリーンフェスティバルのイベント開催は5月4日。当日はこだわりのおいしい食事などのお店が並ぶほか、クリーンセンターからの出張ガレージセールやリサイクル体験コーナー、緑のカーテンづくり講座、おおたかの森中学校吹奏楽部による演奏やドッグファッションショーなどのステージイベントが予定されています。ぜひ、ご家族やご友人の方と一緒に足をお運びください。

ママ向けのフリーペーパーを出店した渡部さんご家族

 また、29日にはママ向け超実践型創業スクール修了生の新米起業家ママたちによるイベント「よりどり緑の体験会mikke(みっけ)!」も開催。みりんグルメやワインなどが提供されるほか、お子さん向け教具などの体験会が行われました。

教具体験に訪れた親子

 今回のイベントを企画したマッチングプランナーの佐々木みのりさんは「創業スクールの修了生たちや創業したいと思っているママたちが挑戦できる場、お客さんたちの日常にヒントとなるものが提供できる場になればと思い開催しました。お客さんたちと出店者の交流をつくるきっかけの場を提供していきたいと思います。5月下旬には流山おおたかの森S・C内で出店を予定しているのでぜひ、お越しください」と話してくれました。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総合政策部 秘書広報課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第1庁舎3階
電話:04-7150-6063 ファクス:04-7150-0111
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。