古い消火器

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1003046  更新日 平成29年9月15日 印刷

 家庭で一番身近な消火用具は、消火器です。この消火器で有効な効果を発揮させるために、定期的な点検が必要です。一般住宅は法的に点検の義務はありませんが、自主的な点検は大切です。自主点検は6か月に一度を目安に点検することをお勧めします。また、新しい物でも『腐食』『変形』している消火器を使用して、破裂して怪我をした事例がありますので、注意しましょう。

サビていたり腐食した消火器は危ない


破裂した消火器の写真

自主点検の目安

消火器の自主点検の写真

  1. 安全ピンが確実についているか
  2. 容器やキャップに変形やサビがないか
  3. ホースにヒビ割れがないか

古い消火器の取扱い

(1)使用が可能であるかを確認する場合は?

消火器にも寿命はありますので、製造から8年を過ぎたものは一度点検業者に見てもらってください。

(2)処理をする場合は?

老朽化又は不要になった消火器を処理するには、廃棄物の処理及び清掃に関する法律による環境大臣の広域認定を受けた消火器製造事業者又は下記の市内防災事業者に相談してください。

  • 有限会社流山防災:流山市加五丁目1712-2 電話:04-7158-5697
  • 株式会社堀内防災:流山市江戸川台東1丁目52 電話:04-7152-1601
  • 株式会社永和防災:流山市こうのす台1213-10 電話:04-7153-5277

(注)広域認定制度の導入により、市消防本部及び市内の各消防署にて行っていた、市民からの持ち込みによる廃消火器の引き取り(実費と廃消火器を上記市内防災事業者へ引渡)については、引き取りが出来なくなりましたのでご理解願います。

こんな消火器は危険です

危険消火器1の写真

危険消火器2の写真

危険消火器3の写真


消火器本体に『はく離』『変形』『サビ』『腐食』がある場合非常に危険ですから使用しないでください。

廃消火器リサイクルシステムについて

  1. 消火器の安全な回収のため、平成22年1月1日より廃消火器リサイクルシステムの運用が始まりました。この制度により廃消火器の引き取り、適正処理、リサイクルの効率的な回収システムが構築されます。
  2. 現在使用されている消火器を処分する場合は、今まで同様に防災業者に問い合わせをしてください。
  3. 平成22年1月1日以降に製造される消火器は製品の出荷時に消火器リサイクルシール付で販売されます。
    消火器リサイクルシールについての問い合わせは社団法人日本消火器工業会又は市内防災業者に相談してください。
  • 問い合わせ先
    社団法人日本消火器工業会 電話:03-3866-6258

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

消防本部 予防課
〒270-0175 流山市三輪野山1丁目994番地 流山市消防本部
電話:04-7158-0270 ファクス:04-7158-0156
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。