ガソリンの小分け販売

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1003041  更新日 令和1年8月2日 印刷

ご注意!ガソリン等の容器詰替え

ガソリンスタンドでガソリンを容器で小分け販売する場合は、ガソリン携行缶等の消防法令に適合した金属製容器を使用しなければなりません。

ガソリンを購入する場合

フルサービスガソリンスタンド

購入方法

ガソリン専用の金属製容器又はプラスチック製容器(10リットル)で購入してください
(注)ポリ容器(18リットル)では購入できません。

金属容器の写真

ポリタン容器の写真

セルフサービスガソリンスタンド

顧客が容器などに直接ガソリンを詰替えすることは一切禁止されています。

(注)流山市内の千葉県石油商業・工業協同組合流山支部に加盟するガソリンスタンドでは、申し合わせにより10リットル以下のプラスチック製容器であっても販売せず、金属製容器のみの販売対応になっています。

灯油を購入する場合

ポリタン容器の写真

ポリタン容器の写真

購入方法

  • 灯油の購入は、金属缶又は灯油用ポリエチレン容器(認定品)で購入してください

注意事項

  • 灯油用ポリエチレン容器は永久的ではありません。劣化・変形等がありましたら使用しないでください。
  • ガソリンスタンドで購入する場合は、はっきりと灯油を購入することを伝えてください。間違えてガソリンを購入してストーブ等燃焼機器に使用しますと、異常燃焼を起こす危険性があります。

灯油とガソリンの違い

  • 灯油:無色・無臭
  • ガソリン:淡いオレンジに着色・強い刺激臭

(注)ガソリンは強い刺激臭がともないます。購入後不信に思ったら使用しないで色・臭いを確認しましょう。

ガソリン等を運搬する場合

自動車に積載して運搬する方法については、消防法で定められています。

運搬上の注意事項

  1. 運搬する容器の収納口を上方に向けて落下・転倒・破損しないよう積載してください。
  2. 運搬する容器の収納口を確実に密栓して下さい。
  3. 容器の外部に危険物の品名(ガソリン・灯油)・数量(リットル)・注意事項(火気厳禁等)を表示してください。
  4. 漏洩・飛散・溢れに注意して下さい。

運搬する場合の容器の例

運搬する場合の容器の例
種類 金属製容器(60リットル) プラスチック製容器(30リットル)
ガソリン 可能
(注)乗用車等で運搬(22リットル以下)する場合は金属製容器に限ります。
不可
(注)10リットル以下は除く
灯油 可能 可能
軽油 可能 可能

ガソリンを乗用車で運搬する場合次のことに注意しましょう。

乗用車での運搬上の注意事項

  1. 金属製容器(消防法令に適合したもの)で最大容量22リットルまで。
  2. ポリ容器に入れての運搬はできません。

(注)金属製容器は、ホームセンター・ガソリンスタンド等で消防法の基準に適合した5リットルから20リットル程度までのガソリン専用容器として販売されています。

消防法令に適合した物を使用しましょう

金属製容器の写真

金属製容器の写真

ガソリン等を家庭で保管する場合

保管上の注意

ガソリン

  • 安全な金属製容器で保管
    (注)ポリ容器は灯油と間違えたり静電気の発生から火災になるケースが多くなります。
  • 金属製容器に入れた後には確実に密栓し、風通しが良い涼しく火気のない場所に保管
  • 容器の保管場所は、避難時の支障にならない場所
  • 冬季は、乾燥して静電気が発生しやすくなります。静電気防止対策に十分注意

灯油

  • ポリ容器で保管する場合は、キャップをしっかり閉めて直射日光の当たらない風通しの良い涼しく火気のない場所に保管
  • 容器の保管場所は、避難時の支障にならない場所
  • ベランダに置く場合は、容器を覆って紫外線等を遮断して保管

下表の危険物を貯蔵または取扱いをするときは、火災予防条例の規定に基づき、消防長又は消防署長に届出が必要です。

火災予防条例の規制を受ける危険物の取扱量
危険物 数量(一般住宅) 数量(事業所等)
ガソリン 100リットル以上200リットル未満 40リットル以上200リットル未満
灯油 500リットル以上1,000リットル未満 200リットル以上1,000リットル未満
重油 1,000リットル以上2,000リットル未満 400リットル以上2,000リットル未満
そ の他 法令で指定されている数量の2分の1以上 法令で指定されている数量の5分の1以上

下表の危険物を貯蔵または取扱いをするときは、消防法の規制を受けるので、あらかじめ市長の許可が必要です。なお、許可後に危険物施設の工事を行い、完成検査を受けてからの使用になります。

消防法の規制を受ける危険物の取扱量
危 険 物 数量
ガソリン 200リットル以上
灯油 1,000リットル以上
重油 2,000リットル以上
その他 法令で指定されている数量以上

資格:危険物取扱者が取り扱うか又は立会いのもとで貯蔵又は取り扱うことができます。

(注)上記の危険物は、消防法で定められている中の一例ですので、危険物を貯蔵又は取り扱うときは、お気軽に消防本部にお問い合わせください。

灯油を給油する時の注意

ストーブに灯油を給油する時は、必ずストーブの火を消してから行ってください。また、カートリッジタンクのフタをしっかり閉めてください。

給油は一度消火してから

火を着けた給油しないのイラスト

火を着けたままの給油は危険のイラスト

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

消防本部 予防課
〒270-0175 流山市三輪野山1丁目994番地 流山市消防本部
電話:04-7158-0270 ファクス:04-7158-0156
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。