千葉県小児・AYA世代のがん患者等の妊孕性温存療法研究促進事業

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1036525  更新日 令和4年7月11日 印刷

千葉県では、がん患者さんなどが妊孕性(にんようせい)温存を行う費用を助成しています

将来、子どもを産み育てることを望む小児・AYA世代のがんなどの患者さんが、希望をもってがん治療などに取り組めるよう、将来子どもを出産することができる可能性を温存するための妊孕性(にんようせい)温存療法に要する費用の一部を千葉県で助成しています。

 

 

千葉県の妊孕性温存療法の助成チラシ1枚目

千葉県の妊孕性温存療法の助成チラシ2枚目

問い合わせ先

千葉県 健康福祉部健康づくり支援課 がん対策班
電話:043-223-2402
ファクス:043-225-0322

 

助成制度の概要や手続きについては、以下ホームページをご確認ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 健康増進課
〒270-0121 流山市西初石4丁目1433番地の1 流山市保健センター
電話:04-7154-0331 ファクス:04-7155-5949
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。