ぐるっと流山 流山をA・RU・KU 新選組の足跡を歩く

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1035838  更新日 令和4年4月20日 印刷

流山をA・RU・KU 新選組の足跡を歩く

 令和4年4月2日、3日の2日間にわたって流山おおたかの森駅前観光情報センター主催の「流山をA・RU・KU 新選組の足跡を歩く」ツアーが開催されました。2日はお天気に恵まれ、3日はあいにくの天気でしたが、まさに桜の満開の下、風情のある流山本町をめぐるツアーでした。
 

流山をA・RU・KU 新選組の足跡を歩く

 慶応4年4月2日に新選組が江戸川を渡って下総国流山(現在の流山市)に陣を置き、翌日の4月3日に近藤勇が捕らえられた2日間の足跡に思いを馳せるツアーは、NPO法人流山史跡ガイドの青柳さん、岡さんのお二方のご説明を交えながら、各回10名の参加者全員で歩き終えました。
 

流山をA・RU・KU 新選組の足跡を歩く

 史跡ガイドの新選組にまつわる盛りだくさんの貴重なお話に耳を傾けながら、新選組が江戸川を渡り流山に入った「丹後の渡し跡」から分宿した「流山寺」「光明院」を歩き、陣屋跡、新政府軍の布陣の場所、そして近藤勇が新政府軍に出頭するために江戸川を渡った「矢河原の渡し」までの足跡をたどる約2時間の歴史を学ぶツアーでした。

流山をA・RU・KU 新選組の足跡を歩く

 新選組にまつわるエピソードは各地に多数ありますが、局長の近藤勇と副長の土方歳三の永遠の別れの場所となった流山下総流山根郷は、新選組が終焉に向かう特別な場所でもあります。桜の花の舞い散る中、二人の心中に思いを巡らせながら足跡をたどる2日間でした。
 

流山をA・RU・KU 新選組の足跡を歩く

 ツアーを終えて参加者の皆さまからまた是非、流山の歴史・史跡を学ぶ企画に参加したいという声が多くありました。今後も、NPO法人流山史跡ガイドの方にご協力いただきながら、流山の歴史や史跡を学ぶツアーなど、流山本町の魅力を再発見できるツアーを実施していきます。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

経済振興部 流山本町・利根運河ツーリズム推進課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第2庁舎3階
電話:04-7168-1047 ファクス:04-7158-5840
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。