ぐるっと流山 日本商工会議所青年部が市内の全小学校に絵本を寄贈

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1031197  更新日 令和3年6月1日 印刷

寄贈の様子

 令和3年5月28日(金曜日)、鰭ヶ崎小学校で日本商工会議所・澁澤健さん監修の絵本「おかねってなぁに?」の寄贈式が行われました。
 この絵本は、近代日本経済の父であり、東京商工会議所初代会頭の渋沢栄一さんの子孫の澁澤さんが監修したもので、渋沢栄一さんのことはもちろん、日本のお金の仕組みについて、分かりやすく説明しています。
 なお、寄贈は、日本商工会議所青年部より、流山商工会議所青年部をとおして、市内の全小学校に行われました。

寄贈の様子

 令和6年度から1万円札の顔となる渋沢栄一さんのことなどの内容をとおして、小学生がお金のことや社会のことに興味を持てばと寄贈された絵本。本を受け取った子どもたちからは「小学生でもわかりやすい内容です。友だちにも紹介したいです」と感想が寄せられました。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総合政策部 秘書広報課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第1庁舎3階
電話:04-7150-6063 ファクス:04-7150-0111
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。