市民活動団体公益事業補助金認定事業

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1027712  更新日 令和2年11月20日 印刷

公益事業補助金に応募した事業の認定審査を行いました

 協働まちづくりの実現に向けて、公共の一翼を担う自主的な市民公益事業に対し助成する「流山市民活動団体公益事業補助金」に、令和2年度は4事業の応募があり、8月28日(金曜日)に認定審査(協働まちづくり提案調整会議)を行いました。その結果、3事業が補助金認定事業として会議からの推薦を受け、市で補助を決定いたしました。

 今年度は新型コロナウイルス感染症の影響を受け、事業期間を縮小し、9月から翌年3月にかけて各事業が展開されます。各団体が創意工夫を凝らして進める事業に、どうぞ皆さんご参加下さい(今後の新型コロナウイルス感染症の状況によっては、事業が中止になる場合もあります。)。

令和2年度流山市民活動団体公益事業補助金の認定事業一覧

  事業名 団体名 【目的】・概要
1

失語症の理解と支援のための啓発事業

流山失語症友の会

【健康・医療・福祉の増進】
失語症への理解と支援の輪を広げるために、リーフレットやパネルの作成と外部専門家による講演会を開催し、流山市全体への啓発を図ると同時に、すべての人が住みよい流山市を目指したい。
(継続事業:2年度目)

2

防災まちづくり:女性の防災リーダー育成事業

流山防災まちづくりプロジェクト

【災害救援活動】【男女共同参画社会の形成の促進】
男女共同参画・多様性の視点で防災・減災を考えることができる女性の防災リーダーの育成及び多様性に配慮して避難所開設・運営マニュアルを作成し、広く地域に配布。
(新規事業)

3

介護予防として脳トレ「昭和を語ろう」事業と成年後見制度の市民啓発事業

流山高齢者安心ネット

【保健・医療・福祉の増進】
・介護予防策としての観点から、回想法を用いた脳トレに関するセミナー開催等により、高齢者の認知症予防を図ること。

・市民に対し、成年後見制度についての理解しやすいセミナーを開催し、制度への理解及び普及を図る。
(新規事業)

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

市民生活部 コミュニティ課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第2庁舎2階
電話:04-7150-6076 ファクス:04-7159-0954
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。