ぐるっと流山 流山工業団地協同組合が車いすを寄贈

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1023551  更新日 令和1年11月26日

印刷大きな文字で印刷

写真:車いす寄贈の様子

 令和元年10月28日、流山工業団地協同組合の菊地憲悦理事長らが市長室を訪れ、車いすを寄贈してくださいました。流山工業団地は流山市西深井にあり、15社合わせて約800人が就労しています。同協同組合では、次期経営者の会である「次世代会」の16人が中心となって飲料缶のプルタブを集める活動を行っており、回収されたフルタブを元に車いすを購入して、この度の寄贈となったものです。

写真:寄贈された車いす

 菊地代表理事は「およそ平成28年4月から令和元年5月まで、15社の全社員で取り組み、車いすを購入することができました。障害のある方のために役立てていただけたらと思います」と経緯を話していました。
 井崎市長からは「寄贈された車いすは、早速市役所に備え、来庁の方々にご活用いただきたいと思います」と感謝のことばがありました。

ご意見をお聞かせください

このページに問題点はありましたか?
(複数回答可)


このページに関するお問い合わせ

総合政策部 秘書広報課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第1庁舎3階
電話:04-7150-6063 ファクス:04-7150-0111
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。