ぐるっと流山 第4回市民環境講座

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1033427  更新日 令和4年2月18日

印刷大きな文字で印刷

親子で「らんま先生の環境エコパフォーマンスショー」を楽しむ

第4回市民環境講座

 令和4年2月6日(日曜日)、文化会館で第4回市民環境講座「らんま先生の環境エコパフォーマンスショー」が行われました。市民環境講座は、市が市民団体「温暖化防止ながれやま」に委託している事業です。会場では、新型コロナウイルス感染症対策を行いながら、らんま先生の環境エコパフォーマンスショーを実施しました。今回は66組の小学生とその保護者の方が参加しました。

第4回市民環境講座

 今回は、eco実験パフォーマーである、らんま先生から楽しく地球の環境問題を学びました。表面張力によって、コップの中に入っている水がこぼれない実験や、慣性の法則の実験などが行われました。らんま先生の助手には会場の参加者が選ばれ、一緒に実験やパフォーマンスを行い、大いに盛り上がりました。

第4回市民環境講座

 今話題となっているSDGs(持続可能な開発目標)の講義もありました。SDGsは、基本理念として誰一人取り残さない17の目標を定めています。らんま先生からは、「ある地域では、異常気象が原因で漁師さんや農家さんの仕事に影響が出て食事が食べられなくなったり、湖が干上がって水を汲むために学校に行けなくなる可能性があります。その結果、生活が貧しくなったり、毎日の食事や生活の場と引き換えにテロリストの集団に入るなどの悪循環に陥る可能性があります」と説明があり、「このような状況を防止したり改善するために、さまざまな問題をバランスよく解決していくことが必要です」と話してくれました。

第4回市民環境講座

 ギネス世界記録に認定されたecoなエネルギーを利用した空気砲も披露され、最後には一人一回ずつ空気砲を打つ体験をしていました。参加したみなさんからは「ライブショーを見る機会が少ないので参加できてよかった」「テンポの良いトークと実験で楽しくSDGsを学べた」「来年も参加したい」という感想が多く寄せられました。

第4回市民環境講座

 参加者の皆さんは、面白い科学実験を通じて、楽しく環境について学ぶことができました。また、帰りには、らんま先生もパフォーマンスで使っていた、捨てても土に還る風船のプレゼントがありました。また、ホワイエには省エネや再生可能エネルギーについてのパネル展示もあり、足を止めてご覧になっているご家族の姿も多く見られました。

ご意見をお聞かせください

このページに問題点はありましたか?
(複数回答可)


このページに関するお問い合わせ

環境部 環境政策課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第1庁舎3階
電話:04-7150-6083 ファクス:04-7158-9777
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。