総務部長

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1010117  更新日 平成30年6月20日 印刷

総務部長 水代富雄の写真

 総務部長の水代富雄です。
 総務部は、総務課、人材育成課および財産活用課の3課で構成され、議会との連絡調整、行政一般、法規、文書、情報公開、人事、研修、給与、職員の福利厚生、市有財産、契約等に関することなどをおおむねの分掌事務としています。
 総務部各課における主な業務と平成30年度の主要事業をご紹介します。

 総務課では、つくばエクスプレス沿線土地区画整理事業の進捗に合わせた字の区域と名称の変更事務、職員の政策法務能力(法を活用し、課題を解決する力)向上を目指した研修、条例等の制定・改廃に関する事務等を行っています。
 今年度は、平成30年度末に換地処分が予定されている新市街地地区および西平井・鰭ケ崎地区について、住所変更等に伴う関係業務を進めて参ります。
 次に、職員の政策法務能力の向上を図るために策定した政策法務研修計画に基づき、体系的な研修を実施します。今年度は、平成28年度から実施している行政リーガル・ドックを引き続き実施し、各課等の業務について行政手続法(条例)に照らし、問題点などがないかチェックします。
 人材育成課では、接遇向上研修、マネジメント研修、ハラスメント防止研修等の集合研修を実施するほか、自治大学校や市町村アカデミー等への派遣研修などを通じ、職員の意識改革、業務知識の習得、人材の育成を図り、人材育成基本方針で示す職員像「流山を愛し、流山市民の幸せのために行動する職員」を目指しています。
 人事評価制度については、制度をより効果的なものとするために、管理職を対象とした人事評価者研修や人事評価者フォローアップ研修を実施します。
 財産活用課では、土地、建物、車両、物品などの市有財産の保全管理と有効活用をするための各種事業および庁舎の維持管理を行っています。また、市が発注する建設工事、業務委託、物品購入の入札、契約行為に関する業務などを行っています。
 今年度も引き続き、市が保有する施設を財産と捉え、民間による省エネルギー化事業(ESCO)や流山市役所他45施設の設備点検を包括的に委託する包括施設管理業務委託など、有効活用(FM:ファシリティマネジメント)を推進していくほか、土地建物を戦略的に評価し、余剰空間の貸付など公共不動産(PRE)として事業を推進します。

 結びに、流山市がさらに発展し、住みたいまち、住んで良かったまちとなるよう、職員一丸となって職務に精励してまいりたいと思います。

 

業務や執行体制について

平成30年度 総務部の業務や執行体制について

平成29年度 総務部の業務や執行体制について

平成28年度 総務部の業務や執行体制について

平成27年度 総務部の業務や執行体制について

平成26年度 総務部の業務や執行体制について

平成25年度 総務部の業務や執行体制について

平成24年度 総務部の業務や執行体制について

過去の総務部長の仕事と目標

過去の部長通信はこちらから

総務部のトピックス

公金等の適正管理に関する研修会を開催                                            淺井代表監査委員の熱弁に部局長や課長等が聞き入る

公金等の適正管理に関する研修会写真1

公金等の適正管理に関する研修会写真2

  公金等の適正管理に関する職員の意識が希薄化することのないよう、部局長及び課長等や各課の会計担当者を対象とした「公金等の適正管理に関する研修会」を11月20日及び21日、市役所委員会室で開催しました。
  管理監督の立場にある部局長や課長等、直接出納事務を行っている会計担当者に対し、公金を取り扱う職員の責任の重み、公金等適正管理マニュアルや財務規則等で規定されている適正な職務の執行、それに伴い発生する賠償責任等について改めて自覚してもらうため、研修会を開催したものです。
  21日午前の部では部局長や課長等に対し、流山市代表監査委員の淺井昌之氏による「内部統制としての公金等の適正管理について」の講演が行われました。
  「ダブルチェックによって会社や人を守ること」や「公金等適正管理マニュアルを全職員が読み込み、問題点を指摘しあい、時宜に適した改訂作業を行うことが喫緊の課題」であるとし、出席した67人の部局長や課長等が、熱心に聞き入っていました。
  また、20日・21日の午後の部では合わせて会計担当者約200人が出席し、今年4月に発覚した公金横領事件の経過、公金等適正管理マニュアルの遵守や会計事務について説明を受けました。

来庁された市民や職員の安全を守るために刺股(さすまた)実技講習会を開催

刺股講習会写真1

刺股講習会写真2

刺股講習会写真3

 全国的に増加している行政対象暴力に対応するため、「(刺股」の実践的な取扱いを身に付ける「刺股()実技講習会」を10月3日、市役所会議室で開催しました。
 講習会では、「刺股)」の使用方法について、本市の業務妨害等相談員の佐藤美喜雄氏から窓口業務担当職員20人が指導を受けました。不審者や侵入者などには、複数の職員で対応しなければ「刺股」を使っても侵入を止めることは難しいこと。「刺股」の使い方にはコツがあること。使い方を間違えると不審者などに逆襲されたりする危険性があることなどの講話や実技指導を受けました。
 なお、「刺股()」を常備している税制課など9課の窓口業務担当職員を対象に開催したものです。
 市役所に来庁された市民や職員の安全を守るために、今後も職員研修の一環として進めていく予定です。

  ※刺股()とは…相手の動きを封じ込める防犯器具。先端がU字形で2・3メートルの柄がついており、先端の部分を対象者に向けて距離をとったり、壁などに押さえつけて応援を待つために利用される。

一般職及び管理職を対象に行政対象暴力(不当要求行為)研修会を開催

行政対象暴力研修会写真1

行政対象暴力研修会写真2

 生活保護費の不正受給や自治体職員への暴力行為などが新聞報道されていますが、全国的に社会常識を逸脱した手段による行政への違法又は不当な行為、いわゆる行政対象暴力が後を絶ちません。
  そこで万一の場合に備え、職員個人や担当職員のみで抱え込むことのないよう、組織として適切に対処するため一般職及び管理職に対し、「行政対象暴力(不当要求行為)の研修会」を7月30日(水曜日)市役所委員会室で開催しました。
 一般職81人、管理職83人が出席し、流山市の業務妨害等相談員による行政対象暴力等の現状やクレーマーへの対応について講演が行われました。
 講演後は、行政対象暴力等に対する取組みや対処方法について出席者に理解していただくため、DVDを視聴しました。

部内各課の紹介

総務課
  • 市の区域境界に関すること、行政区域制度審議会に関すること
  • 政治倫理審査会に関すること
  • 条例、規則等の審査及び制定改廃に関すること
  • 文書の整理保存及び書庫の管理に関すること
  • 情報公開に関すること
  • 個人情報保護に関すること
  • 政策法務に関すること
人材育成課
  • 非常勤職員の任免に関すること
  • 職員の任免及び配置に関すること
  • 職員の服務及び勤務評定に関すること
  • 職員の職場研修に関すること
  • 職員の能力開発の推進に関すること
  • 特別職報酬等審議会に関すること
  • 職員の給与及び旅費に関すること
  • 職員の公務災害補償に関すること
  • 共済組合及び退職手当に関すること
  • 職員の福利厚生及び保健衛生に関すること
財産活用課
  • 財産台帳の整備保管に関すること
  • 公有財産の保険に関すること
  • 物品の調達及び不用品の処分に関すること
  • 庁舎並びに附帯施設の管理保全及び使用許可に関すること
  • 不動産の使用料及び譲受けに係る法定調書に関すること
  • 庁内の警備に関すること
  • 市有車両の管理に関すること
  • 国有地の取得に関すること
  • 土地開発公社等の連絡調整に関すること
  • 契約の取扱いの指導に関すること
  • 指名参加願、入札契約審査会及び入札に関すること
  • 業者の選定に関すること
  • 入札に係る契約の締結に関すること
  • 入札監視委員会に関すること
  • 市有建築物の新築、増築及び改修等の設計及び工事監督に関すること
  • ファシリティマネジメントに関すること

部内各課のページ

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総務部
電話:04-7158-1111(内線:240) ファクス:04-7157-6588
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。