議会事務局長

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1010129  更新日 平成30年6月20日 印刷

議会事務局長 竹内 繁教の写真

    議会事務局長の竹内 繁教
    (たけうち しげのり)です。
 

 議会事務局は、市民から選ばれた議員で構成される市議会の運営に必要な事務を処理するとともに、首長(市長)をトップとする執行機関と議会の適切な関係が確保されるよう、議長および各議員の広範な議会活動をサポートする役割を担っています。
 具体的には、正副議長の秘書事務や法制事務、庶務事務などの「総務業務」、本会議や委員会運営事務などの「議事業務」、議会の政策調査や資料作成、広報広聴に関する事務などの「調査業務」を行い、流山市議会基本条例に規定されている「より一層、市民に開かれた市議会」の実現を目指しています。 

 平成30年度の本市議会は、来春(平成31年4月)予定されている統一地方選挙を控え、現在の第14期流山市議会議員28名の任期(一期:4年)が最終年度を迎えます。このことから、通常の議会活動に加え、平成27年度から昨年引き続き特別委員会が設置された「つくばエクスプレス沿線整備と新川耕地・周辺特別委員会」の取り組み成果と今後の課題について、委員会の中間報告書をとりまとめ、平成31年第1回定例会(3月)で本会議報告します。
 また、本市議会がこれまで取り組んで来た議会改革の中から、人口増加や時代のニーズにより変化してきた住民意識の多様化や、調査研究実績を反映するため「流山市議会ICT推進基本計画」の検証および見直しを行います。 

 東日本大震災から今年で7年目を迎えました。
本市議会では、この震災で学んだ多くの教訓等を踏まえ、大規模な災害等が発生した場合に市議会がどう対応して行くのかについて「流山市市議会災害対応マニュアル」の平成30年末完成を目指します。
 また、「政務活動費」については、平成28年度支出分から、図書室などでの縦覧に加え、随時確認が行えるホームページで公開しています。また、政務活動費の使途基準についても、専門研修への参加や様々な媒体などを活用して情報収集を行い、局員全体のスキルアップに努めてまいります。 

 結びに、私たち議会事務局は、地方自治における二元代表制のもと、住民にとって最良の意思決定が行われるよう、引き続き流山市議会の政策立案機能における助言スタッフとしての自覚と誇りを持って、局員一丸となって職務に精励してまいります。

業務や執行体制について

平成30年度

平成29年度

平成28年度

平成27年度

平成26年度

平成25年度

平成24年度

平成23年度

部内各課の紹介

議会事務局
  • 庶務係 儀式、渉外、接遇、議員年金に関することなど
  • 議事係 本会議、常任委員会に関することなど

部内各課のページ

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

議会事務局長
電話:04-7158-1111(内線:600) ファクス:04-7150-2863
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。