上下水道局次長

ページ番号1010128  更新日 平成29年12月1日 印刷

上下水道局次長 兼子潤一の写真

 

 

上下水道局次長の兼子潤一です。

平成27年4月1日から「水道局」は、水道事業と下水道事業が統合し「上下水道局」に名称が変更となり2年が経過しました。

水道事業では、流山市水道事業基本計画を基に、平成27年度に「流山市水道事業経営戦略」を策定し、水道をご利用の皆様に「安全で安心なおいしい水を安定して供給する」ことを目指しています。

下水道事業では、適切な排水処理による生活環境の向上・自然環境保全のため事業を進めています。平成27年度からは下水道事業も公営企業としてスタートし、「流山市下水道事業経営戦略」の策定に取り組みます。

上下水道は、日常生活には決して欠かすことのできないものであり、この大切なライフラインを50年後、100年後の未来に繋いでいくという大きな責務を担っており、安全・安心で信頼される上下水道サービスの提供に向け全力で取り組みます。

【経営健全化の推進】

水道事業では、平成27年度に策定した「水道事業経営戦略」に基づき事業を進めます。平成29年度は、江戸川台浄水場浄水施設の耐震化や基幹管路の耐震化を進め、「安全」「強靭」「持続」可能な水道事業経営を図ります。

また、下水道事業では、平成28年度に汚水適正処理構想の見直しを行い、平成36年度末までに公共下水道が完備されるよう事業を進めていきます。平成29年度には、施設・設備投資の見通しである「投資計画」と、支出の財源見通しである「財源計画」を均衡させ将来を見据えた「流山市下水道事業経営戦略」も策定し、上下水道局の経営健全化を推進します。    

【市民サービスの向上】

  水道料金と下水道使用料の徴収事務を一元化し、わかりやすい市民サービスに努めています。また、料金徴収事務のほか、工事の相談、給水申込納付金・下水道受益者負担金にかかわる事務を集約し、市民サービスの向上を図ります。

業務や執行体制について

平成29年

平成28年

平成27年度

平成26年度

平成25年度

上下水道局のトピックス

「流山水」を作成しました

流山水

今年度、上下水道局ではおいしくなった水道水をPRするため500mlのペットボトル水「流山水」を作成しました。ラベルには平成28年度水道ポスター展の最優秀作成を採用しております。本ペットボトル水は上下水道展において配布するほか、防災訓練等のイベントで配布します。

水道大口利用者特約制度の創設について

 上下水道局では、大口水道利用者に対して、個別の契約を結ぶことにより、基準水量、年間6,000立方メートル以上の従量料金の引き下げを行う「特別給水契約制度」を、県内で初めて創設しました。

 従量料金の逓増料金体系の緩和により、市内大口水道利用者の地下水利用の専用水道への移行を抑止し、水道水への回帰に努めてまいります。

上下水道展と水道ポスター展を開催しました

 6月4日(日曜日)に生涯学習センターにて上下水道展を開催致しました。今年も大勢の方が来場され、アンケートのご回答も653通ありました。
 また、6月1日(木曜日)~6月7日(水曜日)に市役所(平日のみ)および流鉄流山線の車両内にて水道ポスター展を開催し、平成28年度水道週間啓発ポスターの最優秀賞・特別賞・優秀賞作品計44点を掲示致しました。

部内各課の紹介

部内各課のページ

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

上下水道局
電話:04-7159-5315(内線:) ファクス:04-7159-9604
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。