環境家計簿

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1002608  更新日 平成25年7月1日 印刷

 環境家計簿は、毎月使用する電気、ガス、水道、ガソリンなどの量に二酸化炭素(CO2)を出す係数を掛けて、その家庭における二酸化炭素(CO2)排出量を計算し記録するものです。環境家計簿は、それををつけることにより、自らが出している二酸化炭素の量を知り、二酸化炭素排出量の少ないライフスタイルへの見直す「きっかけ」です。さらには、使用量を抑制することにもなり、家計の節約にもつながります。

我が家の二酸化炭素排出量は?

 日本の1世帯あたりの二酸化炭素排出量は年間約5,370キログラムです。一度、ご家庭の二酸化炭素排出量を調べて、日本の平均と比べてみましょう。我が家の二酸化炭素排出量を知ることで、何か気づくことがあるはずです。
 市でも、エクセルを使った自動計算できるながれやま環境家計簿を作成しましたので、ぜひご活用ください。

入力方法

  1. 電気、ガス(都市ガス、プロパンガス)、水道、ガソリン、軽油、灯油の各項目のひと月の使用量を検針票等で確認し、入力します。検針票等の見方は下記のPDFファイル「検針票等の見方」をご覧ください。
  2. 入力すると自動的に二酸化炭素排出量が計算され、グラフも作成されます。
  3. 使用量に加えて、料金も入力すると、家計も管理できます。

ガソリンや灯油などは月ごとに集計するのは手間がかかりますので、まずは、月ごとの検針票がある電気、ガス、水道から始めてはいかがでしょうか。


まずは、ひと月分のCO2を出してみよう
 

(注)出た数値を世帯人数で割れば1人あたりになります。

電気

1月分の電気使用量×0.457=電気のCO2排出量 
 

LPG

1月分のLPG使用量×6.55=LPGのCO2排出量 
 

都市ガス

1月分の都市ガス使用量×2.21=都市ガスのCO2排出量 

水道

1月分の水道使用量×0.36=水道のCO2排出量 
(注)水道使用量は2カ月単位ですので、半分にして下さい。 

親子で環境家計簿

 また、親子で取り組める記入式の簡単な環境家計簿もありますので、ご活用ください。

 夏に市内の小学4年生が環境家計簿に取り組みました。
 その結果は次のとおりです。

いろいろな環境家計簿

 国や県、その他一般の企業まで、様々な環境家計簿があります。様々な機能を持った家計簿もあるので、色々試してみてはいかがでしょうか。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

環境部 環境政策課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第1庁舎3階
電話:04-7150-6083 ファクス:04-7158-9777
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。