常設展示(7 農業に生きる)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1001831  更新日 平成29年9月15日 印刷

 流山市域は昭和30年代半ばからの宅地開発が進むまで、ほとんど田畑や山林でした。そこで暮らしていた人々の半数以上が農業で生活していたのです。
 その頃、農業の中心は米作りです。水田は江戸川沿いの新川耕地や、坂川沿いの低地、台地の下にある谷津に広がっていました。
 米作りの合間に、昭和のはじめ頃までは主に麦や豆類を作り、野菜は自給できる程度にいろいろなものを作っていました。
 しかし昭和50年頃からは、これまで農業粗生産額1位だった米にかわってネギが1位となっているように、農業の中心が米作りから野菜作りにかわっています。

昔の農作業機械の展示写真

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

生涯学習部 博物館
〒270-0176 流山市加1丁目1225番地の6 流山市立博物館
電話:04-7159-3434 ファクス:04-7159-9998
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。