常設展示(2 古代国家と流山)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1001826  更新日 平成29年9月15日 印刷

出来事
4世紀 三輪野山向原古墳から鉄剣や土師器が出土
6世紀 東深井古墳群・鰭ヶ崎三本松古墳が造営される
大宝元年(701) 大宝律令制定、流山は下総国葛飾郡に含まれる
8世紀 中ノ坪第2遺跡に製鉄炉跡
流山廃寺の古瓦が出土
神功開宝・隆平永宝が市内の遺跡で出土

1.古墳と埴輪

東深井古墳群出土の埴輪の写真

 古墳は3世紀末から7世紀にかけて造られた、 豪族や有力者の墓です。高く土盛りされていて、その形から円墳や方墳・前方後円墳などと呼ばれています。
 古墳の上や周囲に立て並べられた素焼きの土製品が埴輪です。円筒形のものや、人物・動物・家・器財などをかたどったものがあります。
 流山では、4世紀はじめの三輪野山向原古墳から7世紀はじめの加北谷津第2古墳まで古墳が造られています。6世紀に造られた東深井古墳群は、かつて40基を数えることができた群集墳です。なお、東深井古墳群からは人物埴輪や鶏形埴輪、めずらしい魚形埴輪などが出土しています。

2.都と地方

軒丸瓦

 大宝元(701)年に制定された大宝律令では、全国を国・郡・里という行政区画に分けました。主として成人男子に租税負担の義務を課し、調・庸・雑徭は中央財政に、祖は地方財政にあてられました。
 平城京や平安京などの都城も造営され、地方には行政機関として国衙や郡衙が置かれました。流山の大部分は、下総国葛飾郡に属しています。
 中央政府と地方を結びつけるために、交通路が整備されました。こうした交通路によって、都の文化や文物も流山の地にもたらされました。
 また西平井(平和台4丁目)の流山廃寺からは、下総国分寺が造営された頃の古瓦が出土しています。

3.奈良時代の製鉄遺跡   ―東深井中ノ坪遺跡-

精錬炉の写真

 東深井中ノ坪遺跡は、第1遺跡と第2遺跡からなります。台地上にある第1遺跡からは、竪穴式住居跡が10軒発見されていて、金属鉄を含む多量の小割された鉄滓が出土しています。また、第1遺跡と小さな谷津をはさんだ第2遺跡からは、南の暖斜面で製錬炉が1基発見されました。この2つの遺跡は製鉄遺跡として一連の工人集団のものと考えられます。第2遺跡で生産した鉄を、第1遺跡で選別したのです。
 東深井中ノ坪遺跡は奈良時代のはじめ、8世紀第1四半期ととらえられます。この時期に製鉄技術集団が関東地方に出現した背景を、今後は検討していく必要があります。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

生涯学習部 博物館
〒270-0176 流山市加1丁目1225番地の6 流山市立博物館
電話:04-7159-3434 ファクス:04-7159-9998
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。