胃がん検診(内視鏡検査)(個別)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1023600  更新日 令和2年1月25日 印刷

令和2年度から胃がん検診に内視鏡検査が加わります

令和2年度から、50歳以上の方を対象として、胃がん検診に内視鏡検査が加わります。

従来のエックス線検査(バリウム検査)または内視鏡検査のどちらか一方の選択制です。

内視鏡検査は2年に1回の隔年実施です。

平成30年度または平成31年度(令和元年度)に胃がん検診エックス線検査を受けた方は、令和2年度の胃がん検診もエックス線検査のご案内をいたします。内視鏡検査への変更を希望される方は、お申し込みが必要です。

対象

・対象年齢: 50歳以上(令和3年4月1日時点です) で、職場や人間ドック等で検査を受ける機会がない方

※次に該当する方は受診できません。ご確認のうえお申し込みください。

1.検診についての同意書に同意いただけない方

2.妊娠中または妊娠の可能性がある方

3.理由にかかわらず入院中の方

4.現在、胃の疾患に関する症状がある方

5.胃の病気で治療中・経過観察中の方

6.胃全摘出術後の方

7.のどや鼻に重い疾患があり内視鏡が入らない方

8.呼吸不全のある方

9.急性心筋梗塞や重い不整脈などの心臓の病気がある方

10.明らかな出血傾向がある方、またはその可能性がある方

11.抗血栓薬(血液をサラサラにする薬)を服用している方

12.血圧が極めて高い方

13.その他医師が検査できないと判断した方

内容

  • 方法:胃内視鏡検査
  • 実施期間:令和2年6月1日~11月30日の間で誕生月ごとに指定
  • 場所:胃がん検診契約医療機関 (詳細は検診通知に記載します)
  • 自己負担金:3,000円
  • 受診方法:事前登録制
  • 検診間隔:2年に1回(令和2年度の検診を受けた方は令和3年度の胃がん検診は対象になりません)
    • 誕生月 検診受付期間
      4月~6月 6月1日~7月31日
      7月~9月 7月1日~8月31日
      10月~12月 9月1日~10月31日
      1月~3月 10月1日~11月30日

       

検診の受け方と同意書

胃がん検診(内視鏡検査)は、あらかじめお申し込みいただいた方に、検診期間の前月末に保健センターから検診通知(受診票)を送ります。受診票を医療機関にお持ちいただき、検診の説明を受けて予約を取ります。

内視鏡検査の際には、その場で治療を行う場合があります。また、まれに具合が悪くなる方もいらっしゃいます。このため、検診の際には健康保険証(生活保護世帯の方は診療依頼書)をお持ちください。

検診の自己負担金は3,000円です。下記に該当する方は無料になります。

1.高齢受給者証または後期高齢者医療被保険者証を提示された方

2.生活保護世帯の方(検診時に診療依頼書の提示が必要です)

3.市民税非課税世帯の方(事前に保健センターに手続きが必要です)

登録方法

 各種検診の登録については、下記をご覧ください。

その他検診についてのご案内

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 健康増進課
〒270-0121 流山市西初石4丁目1433番地の1 流山市保健センター
電話:04-7154-0331 ファクス:04-7155-5949
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。