人間ドック及び脳ドックの利用に対する助成について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1000613  更新日 平成27年3月21日

印刷大きな文字で印刷

 流山市では、後期高齢者医療被保険者の健康の保持増進を図ることを目的として、人間ドック及び脳ドックの利用に対しての助成をしています。

助成を受けることのできる方

  1. 流山市から交付されている後期高齢者医療被保険者証をお持ちの方 
  2. 千葉県後期高齢者医療広域連合が運営する後期高齢者医療制度の被保険者で、納付期限の到来している流山市後期高齢者医療保険料を完納している方 
  3. 同一年度内に人間ドックもしくは脳ドックの利用助成を受けていない方 

〇人間ドックの利用助成は、1年度(4月から翌3月)に1回です。
〇脳ドックおよび人間ドックに脳検査を追加する場合の利用助成は、当該検査の利用助成を受けた年度を含めて、3年度に1回です。

※ペースメーカーや、金属類等を体内に装着されている方は、頭部MRIおよび頭部MRAを受診できない場合がございますので、あらかじめ医療機関にご確認ください。

流山市健康診査を受診される方

 後期高齢者医療制度で実施している「健康診査」を受診した方、または受診する予定の方は検査項目が重複しますので、人間ドック及び脳ドックはご利用できません。

助成の内容

助成の内容については下記の金額となります

検診名

人間ドック

人間ドック+脳検査

脳ドック

助成費用

23,000円

28,000円

23,000円

 〇検査の具体的な内容については、当ページ内「利用できる医療機関及び検査の内容」をご参照ください。

医療機関への予約

人間ドック及び脳ドックを受診される方は、直接、検査医療機関に予約して下さい。

 ※各実施医療機関の予約状況によっては、年度途中で予約が取れなくなってしまう場合がありますので、ご注意下さい。なお、既に申請された方で予約がお済でない方も、年度内の予約が取れなくなってしまう場合がありますので、お早めに予約をお願いします。また、予約状況につきましては、各実施医療機関へ直接お問い合わせ下さい。

利用承認書の申請・利用

利用承認書の申請

 利用承認書の交付を受けるには申請が必要になります。
 申請は市役所のほか、出張所でもできます。また、郵送での申請や電子申請も受け付けています。

  • 市役所または出張所での申請
    後期高齢者医療被保険者証と身分証明書をお持ちの上、窓口にて申請書をご記入ください。

     ※市役所でご申請いただいた場合は、その場で利用承認書を発行いたします。

     ※各出張所でのご申請は、後日、郵送にて利用承認書を交付いたします。

  • 郵送での申請
    下記「人間ドック及び脳ドック利用助成申請書」をダウンロードしてください。
    申請書にご記入の上、保険年金課までお送りください。後日、郵送にて利用承認書を交付いたします。
  • 電子申請
    下記「人間ドック及び脳ドックの利用電子申請」より、ご申請ください。 後日、郵送にて利用承認書を交付いたします。

  ※電話での申請は受け付けておりません。

〇申請に際しては、あらかじめ受診する医療機関、検査の内容(人間ドック・脳ドック・人間ドック+脳検査、の3種類)を決め、申請してください。
  また、申請後に、検査を受ける医療機関を変更される場合は、利用承認書を差し替える必要がありますので、お手数ですが、保険年金課までお申し出ください。
〇原則として利用承認書の再発行は行いませんので、ご注意ください。 

利用承認書

 申請日以後の最初の3月31日までが有効期間となります。
※市役所での申請の場合は、その場で利用承認書を交付しますが、各出張所や郵送、電子申請での申請の場合は、後日郵送にて利用承認書を交付します。

検査日当日について

 検査費用(自己負担額分)と共に、次の3点を検査医療機関へご持参ください。

  1.  流山市後期高齢者医療人間ドック利用承認書及び脳ドック利用承認書
  2.  流山市人間ドック検査質問票もしくは脳ドック検査質問票 (事前にご記入ください。)
  3.  被保険者証 (人間ドック及び脳ドック検査日当日、流山市から交付されている被保険者証をお持ちの方以外は利用承認書は使用できません。)                                                                                                      

 

利用できる医療機関及び検査の内容

人間ドックについて

 人間ドック標準検査項目については、すべての人間ドック実施医療機関で実施します。
※平成27年度以降で、初めて人間ドックを利用する年度(初回)と、次年度(2回目)以降に利用する場合では、一部、検査項目が異なります。
 また、一部医療機関では人間ドックに脳検査(頭部MRI及び頭部MRA)を追加して受診することもできます。
 なお、検査費用については、実施医療機関ごとに異なります。

※脳検査の追加は、3年度に一回のみの助成となります。

脳ドックについて

 脳ドック標準検査項目については、すべての脳ドック実施医療機関で実施します。

〇実施医療機関、検査項目、検査費用等の詳細については、下記「人間ドック及び脳ドック実施医療機関・検査項目一覧」をご覧ください。
〇人間ドック及び脳ドックの標準検査項目以外のオプションの検査項目については、各実施医療機関でことなりますので、直接実施医療機関へお問い合わせください。

※脳ドックは、3年度に1回の助成となります。

令和3年度4月1日から一部検査項目と助成金額が変更になりました。

見直しの理由

 人間ドック等助成事業については、平成27年度に現行の標準検査項目等で実施されるようになってから、丸5年が経過しました。

 この5年間に、検査医療機関の方や国民健康保険及び後期高齢者医療制度に加入する皆様からいただいた御意見及び本市の保健事業推進の観点からの意見を取りまとめ、検査医療機関の医師等及び市を構成員とする人間ドック等検査項目見直し検討会議を発足し、見直しを図りました。

助成額の変更

・人間ドック及び脳ドックは、助成額が25,000円から23,000円になりました。

・人間ドック+脳検査は、助成額が30,000円から28,000円になりました。

 標準検査項目の見直し等伴い、基準検査費用額の再算定を行ったところ、基準検査費用額がそれぞれの検査種別において、1,400円~2,500円程度減少したため、既存の助成割合をベースに助成額を変更することとしました。なお、検査費用額自体が下がっているため、自己負担額に大きな差はありません。

※標準検査項目、基準検査費用額の見直し内容の詳細については別添「人間ドック等の変更についてのご案内」にて参照

検査医療機関の追加

令和3年4月1日よりまとばクリニック(おおたかの森西3-1-7)が検査医療機関に追加になりました。

  

人間ドック及び脳ドック利用助成申請書のダウンロード

人間ドック及び脳ドックの利用電子申請

人間ドック及び脳ドックの利用申請につきましては、電子申請を行うことができます。
ご希望の方は、下記より、申請ください。

手続き名:【後期高齢者医療】人間ドック及び脳ドックの利用に対する助成の申込み

オープンデータ

人間ドックおよび脳ドックの助成の利用

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この作品は クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。
流山市オープンデータ利用条件

種類:医療・検診
人間ドックおよび脳ドックを受診する後期高齢者医療制度の被保険者への助成額
更新頻度:その他

データのご利用に際して

本セクションで公開しているデータは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスのもとで提供しております。対象データのご利用に際しては、表示されている各ライセンスの利用許諾条項に則ってご利用ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

ご意見をお聞かせください

このページに問題点はありましたか?
(複数回答可)


このページに関するお問い合わせ

市民生活部 保険年金課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第1庁舎1階
電話:04-7150-6077 ファクス:04-7150-3309
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。