新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言が解除されました

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1025382  更新日 令和2年5月30日 印刷

新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言

  • 令和2年4月7日、政府の新型コロナウイルス感染症対策本部は、新型コロナウイルス感染症について、全国的かつ急速なまん延による国民生活および国民経済に甚大な影響を及ぼすおそれがある事態が発生したと判断し、新型インフルエンザ等対策特別措置法第32条第1項の規定に基づく「新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言」が発令(実施期間:令和2年4月7日~5月6日、実施区域:埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・大阪府・兵庫県・福岡県)されました。
  • 4月16日、緊急事態宣言の実施区域が全都道府県に拡大され、うち13都道府県(東京都・大阪府・北海道・茨城県・埼玉県・千葉県・神奈川県・石川県・岐阜県・愛知県・京都府・兵庫県・福岡県)は、特に重点的に取組を進めていく必要がある地域として「特定警戒都道府県」に指定されました。
  • 5月4日、緊急事態宣言の実施期間が5月31日まで延長されることになりました。
  • 5月14日、緊急事態宣言の実施区域が8都道府県(北海道・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・京都府・大阪府・兵庫県)に変更され、5月21日には5都道県(北海道・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県)に変更(引き続き特定警戒都道府県に指定)されました。
  • 5月25日、政府の新型コロナウイルス感染症対策本部は、緊急事態措置を実施する必要がなくなったと認め、緊急事態の終了が宣言されました。

千葉県からの要請(特別措置法第24条第9項に基づく協力要請)

県民の皆様への要請

  • 感染拡大を予防する「新しい生活様式の実践例」を参考に、「3つの密」の回避や「人と人との距離の確保」「マスクの着用」「手洗いなどの手指衛生」をはじめとした基本的な感染対策を継続するよう要請されています。
  • 不要不急の帰省や旅行など、都道府県をまたぐ移動は、5月末までは、感染拡大防止の観点から避けるよう要請されています。その後当面は、都道府県をまたぐ移動、特に東京都・神奈川県・埼玉県・北海道(5月25日の緊急事態宣言解除の際に特定警戒都道府県であった地域)との間の移動は、慎重に対応するよう要請されています。
  • これまでクラスターが発生しているような施設への外出は、使用停止要請が解除されるまで、避けるよう要請されています。

事業者の皆様への要請

  • 在宅勤務(テレワーク)、時差出勤、自転車通勤等、人との接触を低減する取組を推進するとともに、職場や店舗等に関して、業種別の感染拡大予防ガイドライン等を踏まえ、感染拡大防止のための取組を適切に行っていただくよう要請されています。
  • 食堂、レストラン、喫茶店、居酒屋等を管理する事業者の皆さまに対し、22時以降の夜間は酒類の提供を控えていただくよう要請されています。(時間制限の全面解除の時期については、近隣都県の状況等を踏まえ、今後検討されます。)

施設の使用停止要請の解除について

  1. 再開にあたっては、「再開にあたり取り組むべき感染拡大防止対策」を行うとともに、業種別の感染拡大予防ガイドラインが策定されている場合はその実践など、感染防止対策の徹底が要請されています。
  2. 令和2年5月22日から、区分Aの施設の使用停止要請が解除されました。
  3. 令和2年5月26日から、区分Bの施設の使用停止要請が解除されました。
  4. 令和2年6月1日から、区分Cの施設の使用停止要請が解除されました。また、区分Dのうちスポーツクラブおよびカラオケボックスについても、感染拡大予防ガイドラインの実践による対策の徹底を条件として使用停止要請が解除されました。
  5. 区分Dのうち、スポーツクラブおよびカラオケボックス以外の施設については、県内の感染状況や近隣都県の状況、国の動向等を踏まえた上で、施設の使用停止要請の解除が検討されます。
【施設の種類の区分】
  1. 県民の文化的・健康的な生活を維持するために必要であり、「3つの密」の発生抑制が比較的容易な施設
    図書館 等:図書館、博物館、美術館、科学館、記念館(C.に掲げる水族館等を除く)
  2. クラスター発生歴がなく、「3つの密」の発生抑制が比較的容易な施設
    大学 等:
    大学、専修学校、各種学校 等
    自動車教習所 等:自動車教習所、学習塾その他これらに類する学習支援業を営む施設 等
    劇場 等:劇場、観覧場、映画館、演芸場 等
    集会場 等:集会場、公会堂、展示場、ホテル・旅館(集会の用に供する部分に限る。)
  3. A.B.以外でクラスター発生歴のない施設(発生歴のある施設に類する施設を除く)
    水族館 等:水族館、動物園、植物園
    運動施設の一部:体育館、水泳場、ボウリング場 等
    遊技場:マージャン店、パチンコ屋、ゲームセンター 等
    遊興施設等の一部:個室ビデオ店、ネットカフェ、漫画喫茶、射的場、勝馬投票券発売所、場外車券売場 等
  4. クラスター発生歴がある又は発生歴のある施設に類する高リスクな施設
    運動施設の一部:スポーツクラブ 等
    遊興施設等の一部:カラオケボックス、ライブハウス、キャバレー、ナイトクラブ、ダンスホール、バー、性風俗店 等
注2「下線の施設」:延べ床面積の合計が1,000平方メートルを超えるものに限る。

催物(イベント等)の開催に関する要請

  • 5月25日から概ね3週間程度は、全国的かつ大規模な催物等の開催については、リスクへの対応が整わない場合は中止又は延期するなど、慎重な対応が要請されています。開催の規模については、屋内100人かつ定員の半分以下、屋外200人以下が目安とされています。
  • その後の催物等の開催に対する中止又は延期要請等については、国の方針に沿って、段階的に規模要件(人数上限)の緩和について示されます。
  • 開催にあたっては、その規模に関わらず、(1)「3つの密」が発生しない席配置や「人と人との距離の確保」、(2)「マスクの着用」、(3)参加者名簿を作成して連絡先等を把握しておく等の開催中や前後における参加者等に係る行動管理など、基本的な感染防止策を講じるよう要請されています。

緊急事態宣言の解除に伴う主な市の対応

公共施設等の対応

1. 生涯学習施設、スポーツ施設

 以下の施設について、5月25日(月曜日)から利用を再開します。

  • 図書館:5月25日(月曜日)から6月7日(日曜日)は予約本の貸出のみの利用、6月9日(火曜日)から通常開館
  • 博物館、一茶双樹記念館、杜のアトリエ黎明:5月25日(月曜日)から開館

 以下の施設について、6月1日(月曜日)から貸出しを再開します。

  • 生涯学習センター(流山エルズ)
  • スターツおおたかの森ホール
  • げんき村キャンプ場
  • 文化会館、各公民館、南流山センター、おおたかの森センター
  • キッコーマンアリーナ
  • コミュニティプラザ
  • 柔道場
  • 運動公園野球場、庭球場、河川敷、スポーツフィールド

 以下の施設について、本年度の利用を中止します。

  • 市民プール、コミュニティプラザプール(コミュニティプラザプールは、テニスコートとして利用)

2. 福祉会館

 6月1日(月曜日)から貸出しを再開します。ただし、下花輪福祉会館(ほっとプラザ下花輪)および流山福祉会館の入浴施設は、6月30日(火曜日)まで利用を中止します。

3. 公園

 注意喚起看板は引き続き設置し、解除後1週間程度はパトロールを行い利用状況を把握していきます。また、団体・集団での利用については、密集、密接とならないよう要請しながら再開とし、トイレの定期的な消毒は継続して実施します。

4. その他の施設

  • おおたかの森市民窓口センター 
    5月26日(火曜日)から開所時間を8時30分から19時までとします。
  • 流山市民活動推進センターの貸館業務および第2・第3コミュニティホーム
    6月1日(月曜日)から利用を再開します。

高齢者、障害福祉サービス、健(検)診の対応

  • 高齢者福祉センター森の倶楽部、各高齢者趣味の家
    6月1日(月曜日)から利用を再開します。(高齢者福祉センター森の倶楽部の入浴施設は、6月30日(火曜日)まで利用を中止)
  • 敬老バス(さつき号)、高齢者等市内移動支援バス
    6月30日(火曜日)までは利用中止とします。感染症防止策を講じた上で、7月1日(水曜日)からの再開を検討します。
  • 児童発達支援センター
    引き続き、感染症防止対策を徹底し、サービス提供を行います。当面は、保護者の協力を得て、利用日を分散します。
  • 介護サービス事業所
    感染拡大防止対策を徹底した上で、引き続きサービスの提供を継続します。
  • 障害福祉サービス事業所
    感染拡大防止対策を徹底した上で、引き続きサービスの提供を継続します。
  • 母子健康診査事業
    6月の1歳6カ月児健康診査・3歳児健康診査を再開します。
  • 胃がん検診
    今年度の内視鏡検査、エックス線(バリウム)検査を中止します。
  • 特定健康診査
    開始時期を遅らせ実施する予定です。

学校、学童クラブ、保育所等、児童館・児童センターの対応

1. 市立小・中学校・幼児教育支援センター附属幼稚園

  • 学校再開:6月1日(月曜日)から6月26日(金曜日)まで分散登校を実施します。6月29日(月曜日)から全児童生徒による通常登校を開始します。
  • 給食:6月15日(月曜日)から開始します。
  • その他:登校時には、非接触型温度(体温)測定器を使用し、児童生徒全員の検温を実施します。
  • 預かり学級:分散登校期間中は実施します。分散登校をしていない日において、8時10分から14時30分の間で預かりを行います。
  • 学校校庭解放:6月1日(月曜日)から中止します。
  • 夏季休業期間:8月1日(土曜日)から8月23日(日曜日)とします。8月3日(月曜日)から8月7日(金曜日)は、小学校6年生と中学校3年生のみ登校します。給食は実施せず、午前中日課とします。
  • 千葉県民の日:6月15日(月曜日)は登校日とします。
  • 学校関係行事の中止について:以下の行事を中止とします。
    運動会(体育祭)・修学旅行・林間学園・校外学習・小中学校音楽発表会・小学校ミニバスケットボール大会

2. 保育所等

 6月1日(月曜日)以降も、可能な方は登園を自粛いただくよう協力をお願いしつつ、感染症防止対策を徹底した上で、開所します。

  • 保育料:日割りとします。
  • 給食費:公立は市から、私立は各保育所等からご案内します。
  • 送迎保育ステーション:保護者には園への直接の送迎協力をお願いしつつ、6月1日(月曜日)から再開します。

3. 学童クラブ

 可能な限り登所を自粛いただくよう協力をお願いしつつ、以下のとおりとします。

  • 6月1日(月曜日)から6月26日(金曜日):隔日登校・分散登校対象以外の児童の受け入れに配慮し、8時から18時(19時までの延長保育あり)までの開所とします。
  • 6月29日(月曜日)から:学校の通常登校開始に伴い、通常開所とします。

4. 児童館・児童センター

 6月1日(月曜日)から、感染症防止対策を徹底し、開館時間を短縮して開館します。

  • 開館時間
    午前の部(午前10時から正午):乳幼児およびその保護者
    午後の部(午後2時から17時): 小中学生
  • イベント等の事業は7月から実施していきます。

自治会館等への対応

 使用停止の協力要請を解除します。

市主催イベント等の取扱い

 令和2年6月1日(月曜日)から6月30日(火曜日)までの流山市(流山市教育委員会を含みます。)主催(共催を含みます。)のイベント・集会等については、感染症予防策を可能な限り講じたうえで開催します。

感染拡大防止のための行動の呼び掛け

 広報ながれやま、市ホームページなどにより、市民の皆様に感染拡大防止のための行動を呼び掛けます。

感染拡大を防ぐためには、市民の皆様お一人お一人の行動がとても重要です。
感染拡大を予防する「新しい生活様式の実践例」を参考に、「3つの密」の回避や「人と人との距離の確保」「マスクの着用」「手洗いなどの手指衛生」をはじめとした基本的な感染対策を継続してください。
不要不急の帰省や旅行など、都道府県をまたぐ移動は、5月末までは、感染拡大防止の観点から避けてください。特に、東京都・神奈川県・埼玉県・北海道との間の移動は、慎重に対応してください。

その他

 その他、新型コロナウイルス感染症関連情報については、下記のリンク先ページをご覧ください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 健康増進課
〒270-0121 流山市西初石4丁目1433番地の1 流山市保健センター
電話:04-7154-0331 ファクス:04-7155-5949
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。