特定疾病療養者見舞金制度について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1016559  更新日 平成30年9月26日 印刷

特定疾病療養者見舞金制度について

特定疾病療養者見舞金制度の目的

この見舞金制度は、特定疾病療養者又はその保護者に対して見舞金を支給し、療養者又はその保護者の闘病若しくは労苦に報いることを目的としています。

見舞金を受給できる方

以下の(1)(2)両方に該当される方
(1)申請した日に流山市の住民基本台帳に記載されている方。

(2)以下の1~3のいずれか(申請日が有効期間内のもの)をお持ちの方
   1 千葉県特定医療費(指定難病)受給者証
   2 千葉県小児慢性特定疾病医療受給者証
   3 特定疾患医療受給者証

支給額

年額 25,000円(年度に1回)

支給時期

申請月の2カ月後程度

※時期によって異なることがあります。

支給までの流れ

支給申請(随時受付(4月~3月))  →  交付決定  →  見舞金支給(おおよそ2カ月後)

支給申請について

支給申請は、通年でできます。

※申請年度は4月1日から翌年3月31日までになります。

<提出書類>
 (1)「特定疾病療養者見舞金支給申請書」
 (2)以下の1~3のいずれかの写し(有効期間に申請日が含まれたもの)
   1 千葉県特定医療費(指定難病)受給者証
   2 千葉県小児慢性特定疾病医療受給者証
   3 特定疾患医療受給者証

※1 受給者証の取得には3カ月程度の期間を要しますので各関係機関へお早めに手続きをするようお願いいたします。

※2 平成28年度から規則が改正され登録制ではなく、申請制となりましたので、毎年申請をする必要がありますので、お間違えの無いようお願いいたします。。

※3 前年度に見舞金を受給された方には、「特定疾病療養者見舞金支給申請書」をお送りします。

※4 新規の方用の申請書はこちらからダウンロードできます。

対象疾病について

対象疾病については、随時更新されるため

下記の指定難病対象疾病および小児慢性特定疾病の対象疾病のリンク先でご確認ください。

特例措置について

平成27年度の規則改正前に受給されていた方で、平成27年度以降にも毎年継続して申請があった方に限り特例措置で改正前の規則に準じます。

継続して申請がない場合は、翌年度から特例措置が適用されなくなり下記のとおりとなりますのでご注意ください。

・市独自の4疾病(難治性の肝炎、ネフローゼ症候群、橋本病、ファブリー病)方は、申請のない年度があった場合は翌年以降申請ができなくなります。

・特定疾病で各受給者証以外で申請をしていた方につきましても、申請がなかった場合に、翌年以降に申請するには新規扱いとなり必ず受給者証の写しの添付が必要となります。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 社会福祉課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第2庁舎1階
電話:04-7150-6079 ファクス:04-7158-2727
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。