老齢基礎年金の合算対象期間

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1000633  更新日 平成30年11月1日 印刷

合算対象期間とは

 受給資格期間に含まれますが、受け取る年金額には反映されない期間のことを言います。
 具体的には、以下のようなものがあります。

 (1)昭和61(1986)年3月以前に、国民年金に任意加入できる人が任意加入しなかた期間
 (2)平成3(1991)年3月以前に、学生であるため国民年金に任意加入しなかった期間
 (3)昭和36(1961)年4月以降海外に住んでいた期間
 (4)上記(1)から(3)のうち、任意加入を行い、保険料が未納となっている期間などがあります。

   いずれも20歳以上60歳未満の期間

 このほかにも、対象となる期間がありますので、詳しくは日本年金機構のホームページもしくは、松戸年金事務所(047-345-5517)へお尋ねください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

市民生活部 保険年金課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第1庁舎1階
電話:04-7150-6077 ファクス:04-7150-3309
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。