ぐるっと流山 初石公民館 夏休み絵付け教室

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1031999  更新日 令和3年9月6日 印刷

イベントの様子

 令和3年8月8日(日曜日)、初石公民館で「夏休み絵付け教室」が開催されました。コロナ禍で遠くに旅行ができない中、小学生を対象に開催された夏休み絵付け教室には15組の親子が参加しました。講師は流山市出身で栃木県益子町在住の冨野博司さんです。
 新型コロナウイルス感染症対策のため、間隔をあけたテーブルに親子1組で座り、素焼きのマグカップ、皿、茶碗、湯飲みの中から好きなものを選んで絵付けしました。

イベントの様子

 素焼きマグカップなどに鉛筆で下書きします。鉛筆の線は本焼きすると消えてしまうので、安心して下書きができます。素焼きの表面に、大胆に書き込んでいく人やメモ用紙に書いたものを慎重に写す人などそれぞれの個性が出ます。夏の思い出や花、動物を描く人も多い中、猫が一番描かれていました。

イベントの様子

 下書きが終わると、陶器用の絵具を使って色を入れていきます。素焼きが水を吸っていくので紙の上に書くのとは勝手が違います。本焼きで色が変わってしまうことが心配な方もいましたが、ほとんど変わらないように焼いてくれることが分かると皆さん安心した様子でした。

イベントの様子

 絵付けが終わった作品は、冨野さんが栃木県益子町の窯で釉(うわぐすり)をかけて本焼きしました。還元雰囲気(酸素があまり入らないよう)にし、1250℃で14時間かけて焼いた作品は、どれも個性あふれるすばらしいものになっており、8月21日に参加者へ渡されました。
 作品が渡される際、その出来栄えに感嘆の声をあげる方もいました。イベントに参加した方からは「夏休みに子どもをどこにも連れて行くことができなかったので、この絵付け教室にはとても感謝しています」と話がありました。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総合政策部 秘書広報課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第1庁舎3階
電話:04-7150-6063 ファクス:04-7150-0111
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。