東福寺千仏堂 阿弥陀如来立像附千体阿弥陀如来立像及び結縁交名木札

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1013123  更新日 平成29年9月15日 印刷

東福寺千仏堂の写真

 鰭ヶ崎東福寺の境内の千仏堂には約千体の仏像が安置されています。中尊は高さ約90センチメートルの阿弥陀如来立像で、左右には小さな阿弥陀如来像が安置されています。中尊は死んだ人を迎える来迎印を結んだ阿弥陀如来立像で、口を少しあけた「歯吹きの弥陀」で、江戸時代に作られたものです。千体もの阿弥陀像が安置されるのは、他に例が乏しく珍しいといえましょう。
 また、近年中尊の台座から多数の結縁交名札(東福寺に結縁した多くの人々の名前が書かれた木札)が発見され、当時の信仰を知る貴重な資料です。
 東福寺にはほかにも、庚申信仰とも結びついた二十一仏板碑(西暦1577年)や、高さ2メートル70センチメートルもある大きな金剛力士立像2体(江戸時代)、太平記を題材に描いた俵藤太百足退治の大絵馬(西暦1863年)などの指定文化財があります。

名称
東福寺千仏堂 阿弥陀如来立像附千体阿弥陀如来立像及び結縁交名木札
ふりがな
とうふくじせんぶつどう あみだにょらいりゅうぞうつきせんたいあみだにょらいりゅうぞうおよびけちえんこうみょうもくさつ
員数
1001躯・1括
区分
流山市指定有形文化財
所在地
流山市鰭ヶ崎1033
時代
江戸時代
指定年月日
昭和59年3月30日
平成21年12月9日追加

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

生涯学習部 博物館
〒270-0176 流山市加1丁目1225番地の6 流山市立博物館
電話:04-7159-3434 ファクス:04-7159-9998
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。