災害時における安否確認のための「災害用伝言板」の活用について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1003728  更新日 平成30年7月4日 印刷

災害時における家族等の安否確認に「災害用伝言板」を活用しましょう。

1. 災害用伝言板とは何か
大規模な災害が発生すると、家族や知人等の安否を確認するなどの電話が集中して輻輳(通信がつながりにくい状態)が発生し易くなります。そういった輻輳の発生を抑えるため、或は、輻輳が発生した場合においても最小限の安否確認ができるよう、通信事業者が提供するメッセージ(文字)による伝言サービスです。

2. 災害用伝言板サービスを提供する事業者
 ● 携帯電話・PHS・・・NTTドコモ、KDDI、沖縄セルラー、ソフトバンクモバイル、イー・アクセス、ウィルコム
 ● 一般電話・・・NTT東日本・西日本

3. 災害用伝言板体験サービス
 “知識”として知っていても、実際に“体験”していないと、いざという時にはなかなか出来ないものです。

 防災週間(8月30日~9月5日)、防災とボランティア週間 (1月15日~1月21日)、正月三が日と毎月1日・15日に、「災害用伝言板体験サービス」が提供されます。また、事業者によっては、上記期間以外にも体験サービスを提供する場合がありますので、契約している事業者のホームページ(下記参照)でご確認下さい。
 
そういった機会に、メッセージの登録・確認を体験し、いざという時に備えましょう。
 メッセージの登録や確認の方法、体験サービス等の詳細については、各事業者の次のサイトを参照して下さい。

 なお、事業者によっては、音声による伝言サービスとして、災害用伝言ダイヤル、災害用音声お届けサービスも提供しています。

4. J-anpi安否情報まとめて検索
 流山市とNTTレゾナント株式会社は、大規模災害時に、各通信キャリアの災害用伝言板や、報道機関、各種企業・団体が保有する安否情報をまとめて検索・確認できるWeb共同サイト「J-anpi~安否情報まとめて検索~」(以下「J-anpi」)の利用について、9月1日から連携を開始します。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

市民生活部 防災危機管理課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第2庁舎2階
電話:04-7150-6312 ファクス:04-7158-6696
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。