レジ袋の削減

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1002494  更新日 令和2年7月17日 印刷

レジ袋の削減にご協力を

ごみ減量資源化キャラクターのケロクル

 一人当たり1年間で消費されるレジ袋は約300枚といわれており、日本国内で消費されるレジ袋は年間300億枚ともいわれています。使用後は、その多くがごみとして排出されています。
 流山市では透明または半透明の袋をごみ袋としています。すべてのレジ袋をごみ袋として再利用されているでしょうか。スーパーやお店でもらったレジ袋を持ち帰ってすぐにごみ箱に捨てたり、家にたくさんためていたりしていませんか。
 レジ袋の削減は、「だれでも身近で簡単に」取り組むことができるごみ減量策です。
 ごみを減らすためにレジ袋の削減にご協力をお願いします。
 なお、市では、レジ袋削減を推進するため、「レジ袋は必要ですか?」といった声かけ運動を進めています。小売店舗等のご協力をお願いします。

マイバック

 ちょっとした心がけで、資源を無駄にせず、ごみを減らすことができる、そんな自分の買い物袋のことをマイバックといいます。

流山市では「無駄なレジ袋はもらわない」を合言葉に、マイバックの普及に努めています。

 マイバックを持参し、レジ袋を断ると貴重な資源の消費が抑制されることになるほか、レジ袋がごみとして出された場合における、ごみ処理費用の削減、焼却した場合の二酸化炭素排出量を抑制することができます。

お願い

  •  買い物時はマイバックを使用する。
  •  レジ袋は繰り返し使う。
  •  お店ではレジ袋を積極的に断る。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

環境部 クリーンセンター
〒270-0174 流山市下花輪191番地 流山市クリーンセンター
電話:04-7157-7411 ファクス:04-7150-8070
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。