熱があるときは

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1026012  更新日 令和3年10月22日 印刷

発熱等の症状を感じたら、日ごろ通院している医療機関か、お近くにある医療機関に電話で相談してください。

かかりつけ医がいる方

かかりつけの場合には、耳鼻科など内科以外の医療機関でも診察していただける場合があります。必ず事前に電話連絡の上で診察を受け、医師の判断を仰いでください。

かかりつけ医がいない、または受診が必要か判断に迷う場合

流山市新型コロナウイルス相談専用ダイヤルにご相談ください。受診可能な医療機関をご案内します。

流山市新型コロナウイルス相談専用ダイヤル (8時30分から17時15分、土日・祝日も含む)

電話 04-7138-6121 ファクス 04-7155-5949

千葉県発熱相談コールセンター(24時間体制、土日・祝日を含む)

電話 0570-200-139 ファクス 043-224-8910

聴覚に障害がある方をはじめ、電話でのご相談が難しい方は、ファクスをご利用ください(ファクスによるご相談の場合、回答までにお時間をいただく場合があります)。

発熱外来の県ホームページへの公表について

千葉県では、発熱外来の情報について、10月22日から県ホームページにおいて公表することとなりました。

相談・受診の前に心がけていただきたいこと

  • 必ず事前に電話で御連絡いただくようお願いします
  • 医療機関では、感染拡大防止のために、発熱患者の診療時間や受付・診療場所を分けて対応しております。
  • 自己判断で複数の医療機関を受診することはお控えください(複数の医療機関を受診することにより、感染を拡大した例があります)。
  • 受診する際には、マスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖・肘の内側などを使って、口や鼻をおさえる)の徹底をお願いします。

ご相談いただく目安

少なくとも以下のいずれかに該当する方は、すぐに御相談ください。

  1. 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
  2. 重症化しやすい方で、発熱や咳等の比較的軽い風邪の症状がある場合
    重症化しやすい方:高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方
  3. 上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合
    (症状が4日以上続く場合は必ず御相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。)

ご家族に感染が疑われる場合の家庭内での注意点

 ご家族に感染が疑われる方がいる場合、同居のご家族は以下の点にご注意ください。

(1)感染者と他の同居者の部屋を可能な限り分ける。(2)感染者の世話をする人はできるだけ限られた方(1人が望ましい)にする。(3)できるだけ全員がマスクを使用する。(4)小まめにうがい・手洗いをする。(5)日中はできるだけ換気をする。(6)取っ手・ノブなどの共用する部分を消毒する。(7)汚れたリネン・衣服を洗濯する。(8)ゴミは密閉して捨てる。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 健康増進課
〒270-0121 流山市西初石4丁目1433番地の1 流山市保健センター
電話:04-7154-0331 ファクス:04-7155-5949
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。