祝 市制施行50周年

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1006899  更新日 平成29年9月15日 印刷

市制施行50周年のロゴ

平成29年1月1日でめでたく市制施行50周年
住み続ける価値の高い街へ

 昭和42年1月1日に、千葉県20番目の市として産声を上げた流山市。本日、50回目の記念日を迎えました。市制施行当時は4万2,649人だった人口も、平成28年12月には18万人を超えました。今日の流山市があるのは、それぞれの時代において、将来の流山市のために力を尽くされた先人や先輩方、市民の皆さんのたゆまぬご努力があったからこそです。
 50歳の誕生日を迎えたきょう1月1日、50年間の出来事のごく一部をご紹介しながら、半世紀のあゆみを駆け足で振り返ってみました。そこには、各時代の人々の空気が息づいています。そして、次の50年に向けて、新たな歴史が始まろうとしています。

広報ながれやま「市制施行50周年記念特集号」を発行

市制施行50周年を記念した特集号(8ページ・カラー版)を発行しました。
なお、同日に通常号の1月1日号(4ページ・モノクロ版)も発行しています。

市制施行から50年のあゆみ

昭和42年

  • 市制施行、県下20番目の市となる
  • 東部中学校が開校
  • 流山市民音頭、新流山小唄が誕生

流山市の誕生の写真

昭和42年流山市が誕生。当時の田中市長が「流山市役所」という庁舎のプレートを除幕しました。

昭和43年

  • 専用救急車で救急業務を開始
  • 東・西初石が誕生
  • 校外指導車みどり号が納車

専用救急車の写真

昭和43年、救急業務を行う専用救急車が導入されました。

昭和44年

  • 文化会館がオープン
  • 東葛飾高等学校流山分校が独立し流山高等学校が開校
  • 市の人口5万人に

家族そろって歌合戦の写真

昭和44年、文化会館がオープンし「家族そろって歌合戦」などが公開録画されました。

昭和45年

  • こうのす台、富士見台が誕生
  • 子ども会が発足
  • 赤ちゃんに誕生証書交付を開始

昭和46年

  • 有線放送が退役
  • 市の木「つげ」、市の花「つつじ」が決まる
  • 八木南地区が自治省のモデルコミュニティ地区に

常磐線と千代田線が相互乗り入れの写真

昭和46年、国鉄常磐線(現・JR常磐線)と営団地下鉄千代田線(現・東京メトロ千代田線)の相互乗り入れがスタートしました。

昭和47年

  • 老人福祉センターがオープン
  • 市民プールがオープン
  • 北部公民館がオープン

昭和48年

  • 武蔵野線開通で南流山駅が開駅
  • 平和台1丁目~3丁目誕生
  • 市公共下水道事業が認可

武蔵野線が開通南流山駅が開設の写真

昭和48年、国鉄武蔵野線(現・JR武蔵野線)が開通し、南流山駅がオープンしました。

昭和49年

  • 東深井小学校が開校
  • 新消防庁舎が三輪野山に完成
  • 総武流山電鉄の赤城台が平和台に駅名変更

昭和50年

  • 鰭ヶ崎小学校が開校
  • 保健センター(現・シルバー人材センターの場所)がオープン
  • 東部公民館がオープン

昭和51年

  • 江戸川灯ろう流し、花火大会20数年ぶりに復活
  • 市民総合体育館(平成28年に建て替え)がオープン
  • 流山中央高等学校が開校

昭和52年

  • 市民憲章を制定
  • 東深井中学校が開校
  • 福島県相馬市と姉妹都市締結

昭和53年

  • 図書館・郷土資料館(現・博物館)がオープン
  • 第1回市民まつりを開催
  • 第1回防災訓練を開催

市民まつりで武者行列の写真

昭和53年、市民まつりが始まりました。当時は、姉妹都市・相馬市との歴史を再現した武者行列なども行われました。

昭和54年

  • 市の人口が10万人達成、県下10番目の10万都市に
  • 流山北小学校、西深井小学校が開校
  • 初石公民館がオープン

昭和55年

  • 八木南小学校が移転開校
  • 第6福祉会館(現・向小金福祉会館)がオープン
  • 高齢者趣味の家がオープン

昭和56年

  • 八木中学校が開校
  • 南流山センターがオープン
  • 東深井福祉会館、南福祉会館がオープン

台風の影響で浸水被害の写真

昭和56年、台風24号が襲来し坂川、上富士川流域で床上、床下浸水が続出し、災害救助法を適用しました。

昭和57年

  • 市民の歌が完成
  • 十太夫、名都借、南流山福祉会館がオープン
  • 台風18号で床上116戸、床下1000戸の浸水被害

昭和58年

  • 実行委員会による若者の手づくり成人式がスタート
  • 南流山小・中学校が開校
  • 流山南高等学校が開校
  • 県立流山青年の家(現・生涯学習センター)がオープン

昭和59年

  • 常磐新線(現・TX)誘致署名運動開始
  • 総合運動公園野球場にナイター照明設置
  • ふるさと産品育成協議会がスタート

市民まつり会場で常磐新線の誘致署名の写真

昭和59年、常磐新線(現・つくばエクスプレス)誘致のための署名運動が市民まつり会場などで始まりました。

昭和60年

  • 常磐自動車道開通、ふたかけ公園がオープン
  • 常磐新線(現・TX)市内通過決まる
  • 商工会館がオープン

昭和61年

  • 流山警察署が開署
  • 流山工業団地協同組合が設立
  • 常磐自動車道流山インターチェンジ設置決まる

昭和62年

  • 平和都市宣言
  • 市役所新庁舎(現・第1庁舎)、新保健センターが落成
  • 運河水辺公園がオープン

昭和63年

  • サロンコンサート開始
  • 県老人大学(現・生涯大学)江戸川台校舎がオープン
  • 消防署東分署が業務開始

サロンコンサートの写真

昭和63年、毎月最終金曜日の昼休みに市役所のロビーで行う「サロンコンサート」がスタートしました。

平成元年

  • 福祉作業所さつき園がオープン
  • 平和台土地区画整理事業が事業認可
  • 向小金1丁目~4丁目誕生

平成2年

  • 市内初の4年制大学、江戸川大学で入学式
  • 市の面積が35.28平方キロメートルに(平成27年に35.32平方キロメートルに修正)
  • 流山勤労者総合福祉センター(現・コミュニティプラザ)がオープン

平成3年

  • 流山工業団地が完成
  • 市民ふれあいセンター「相馬ユートピア」(平成20年3月に閉館。現在は民間の福祉施設)がオープン
  • 流山トーテムポール国際大会開催

平成4年

  • 常磐自動車道流山インターチェンジがオープン
  • 暮らしを守る消防隊が発足(平成28年3月31日で活動終了)
  • げんき村キャンプ場がオープン

 

常磐自動車道流山インターチェンジがオープンの写真

平成4年、昭和63年から建設が進められていた常磐自動車道流山インターチェンジがオープンしました。

平成5年

  • 江戸川新橋建設促進協議会を設立
  • 流山警察署運河派出所が開設
  • 消防署に大型水槽車を導入

平成6年

  • 一般廃棄物処理基本計画を策定
  • 第1回環境シンポジウム開催
  • 救助工作車を導入

平成7年

  • 東武野田線江戸川台駅にエスカレータ設置
  • 市立幼稚園で2年制スタート
  • 一茶双樹記念館がオープン

平成8年

  • 森の図書館がオープン
  • ケアセンターがオープン
  • ウイングホール柏斎場がオープン

森の図書館の写真

平成8年、東深井に森の図書館がオープンしました。平成16年から夜間や祝日も開館し、18年度からインターネットで検索や予約ができるようになりました。

平成9年

  • 長野県信濃町と姉妹都市を締結
  • 前ケ崎城址公園がオープン
  • 情報公開制度がスタート

平成10年

  • 子ども議会を開催
  • 常磐新線(現・つくばエクスプレス)が市内で着工
  • 第7回関東中学駅伝大会で東部中が優勝

平成11年

  • 流山運転免許センターがオープン
  • 市の人口が15万人達成
  • 外国人相談がスタート

平成12年

  • 野々下水辺公園がオープン
  • 介護保険料が6段階区分に
  • サロンコンサートが通算150回目

平成13年

  • 公民館でIT講習会がスタート
  • 杜のアトリエ黎明がオープン
  • 市外局番が従来の4桁から2桁に

平成14年

  • JR南流山駅にエレベータ設置
  • 個人情報保護条例が施行
  • 市議会がホームページを開設

平成15年

  • タウンミーティングがスタート
  • 公共施設を禁煙に
  • リサイクルプラザオープン

平成16年

  • 病後児保育スタート
  • クリーンセンター稼動
  • 公民館・福祉会館が通年開館、図書館が夜間開館スタート

平成17年

  • つくばエクスプレス開業、市内3駅中2駅に快速停車
  • 安心メールがスタート
  • ぐりーんバスがスタート

つくばエクスプレスが開通の写真

平成17年、待望の「つくばエクスプレス」が開業。市内では、南流山駅、流山セントラルパーク駅、流山おおたかの森駅の3駅に停車。うち、南流山駅と流山おおたかの森駅には快速も停車します。

平成18年

  • 流山グリーンチェーン戦略と認定制度がスタート
  • 乳幼児医療費助成対象を就学前児まで拡充
  • 生涯学習センターがオープン

子育てにさまざまな支援の写真

平成18年、乳幼児医療費助成の対象が従来の「3歳未満」から「就学前児」までに拡大されました。

市民の憩いの場利根運河の写真

平成18年、利根運河が社団法人土木学会で選奨土木遺産に認定されました。平成16年度から17年度には観光立県千葉モデル推進事業の指定を受けました。

平成19年

  • 市制施行40周年
  • 健康都市宣言
  • 流山おおたかの森駅前に県内初の送迎保育ステーションがオープン

平成20年

  • 南流山駅前に送迎保育ステーションがオープン

平成21年

  • 人口が16万人を突破
  • 「自治基本条例」「議会基本条例」が同時施行

平成22年

  • 利根運河が通水120周年。皇太子殿下がオランダのアレキサンダー皇太子殿下(現在は国王)とともに、初めて利根運河をご視察
  • 市役所新第2庁舎、森のまちエコセンター、おおたかの森スポーツフィールドがオープン

 

国土交通省職員から「ムルデルの碑」の説明をお受けになる皇太子殿下(左)とオランダのアレキサンダー皇太子殿下(現在は国王、左から2人目)の写真

平成22年、皇太子殿下がオランダのアレキサンダー皇太子殿下(現在は国王)とともに、初めて利根運河をご視察されました。

平成23年

  • 東日本大震災が発生。甚大な被害の姉妹都市・福島県相馬市に支援物資を輸送するなどいち早く対応。福島第一原子力発電所事故の影響が市内にも 

平成24年

  • 市制施行45周年
  • 石川県能登町と姉妹都市に
  • 全国で初めて国の合意を得た「流山市除染実施計画」を策定し、放射性物質を除染。学校や保育所など、子どもが多く利用する施設の除染を8月末までに、公園と住宅地の除染を翌年3月までに完了
  • 木の図書館がオープン

木の図書館の写真

平成24年、東部地区に、木造で環境に配慮した木の図書館がオープン。館内に市役所の東部出張所もあります。

平成25年

  • 高齢者福祉センター森の倶楽部がオープン 

平成26年

  • 人口が17万人を突破
  • 白みりん誕生200周年。「流山白味淋200年祭」をキッコーマン株式会社と共催

流山白味醂200年祭の写真

平成26年、流山生まれの白みりんが誕生200周年。キッコーマン株式会社と共催した流山白味淋200年祭には約1万人の方が市内外から訪れました。

平成27年

  • 市内初の小中併設校「おおたかの森小・中学校」が開校。併設のこども図書館・おおたかの森センターもオープン
  • 新市民総合体育館のネーミングライツパートナーにキッコーマン株式会社を選定。愛称は「キッコーマン アリーナ」に決定

おおたかの森小・中学校の写真

平成27年、市内初の併設校となる、おおたかの森小・中学校が開校。一般の方も利用できる「こども図書館」と「おおたかの森センター」を併設しています。

平成28年

  • 人口が18万人を突破
  • 流鉄流山線が開業100周年を迎え、記念祭を開催
  • キッコーマン アリーナがオープン
  • 市議会が高校生議会を開催
  • 市民の寺村美穂さんが競泳日本代表選手としてリオ五輪に出場
  • 日本画家・後藤純男氏を本市初の名誉市民に(後藤氏は同年10月18日に逝去)

流鉄流山線開業100周年記念祭で子どもたちが流鉄と綱引きをする写真

平成28年、3月に行われた流鉄流山線開業100周年記念祭では、子どもたちが流鉄との綱引きに奮闘しました。

キッコーマン アリーナの写真

平成28年、市民の皆さんの「するスポーツ・観るスポーツ・支えるスポーツ」に応える、キッコーマン アリーナ(市民総合体育館)がオープン。男子プロバスケットボール公式戦の開催や全国大会に使用され、2020年東京五輪のオランダチームのキャンプ候補地にも選ばれています。

リオ五輪選手・寺村美穂さんの写真

平成28年、市民初のオリンピック選手となった、寺村美穂さん。競泳女子200メートル個人メドレーの種目で出場したリオ五輪では、予選を通過し準決勝まで進むも、わずか0.16秒差で決勝進出を逃しました。市内では、キッコーマン アリーナでパブリックビューイングを実施するなど、市を挙げて応援しました。

平成29年

  • 市制施行50周年

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総合政策部 秘書広報課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第1庁舎3階
電話:04-7150-6063 ファクス:04-7150-0111
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。