住宅用火災警報器を設置して下さい!!

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1003148  更新日 平成29年9月15日 印刷

あなたと大切な人の命を守るために

住宅用火災警報器はどうして設置するの?

住宅用火災警報器作動のイラスト1

 住宅火災による死者数は全国で1,000人を超えています。また死に至った原因の7割は逃げ遅れです。

 就寝中など火事に気付くことが遅くなり最悪の事態になることもあります。しかし、住宅用火災警報器を設置していた住宅と設置していなかった住宅では、被害者の数が約3分の1も違うとのデータがあります。


住宅用火災警報器作動のイラスト2

 火事にいち早く気づき被害を最低限にとどめるために住宅用火災警報器が大きな効果を発揮します。

 2004年6月に消防法が変わり、市町村の条例で住宅用火災警報器の設置場所等が定められました。

 新築住宅では、2006年6月から義務となり、既存の住宅については、流山市の条例により2008年6月から設置が義務付けられました。

じゃあ、どこに設置するの?

住宅用火災警報器の写真

流山市では大きく分けてこの3か所です。

  • 寝室(普段、みなさんの主に寝る部屋に設置します。)
  • 階段(寝室がある階などの階段に設置します。)
  • 廊下(部屋の数や使い方により必要な場合があります。)

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

消防本部 北消防署
〒270-0103 流山市美原2丁目139番地の1 流山市北消防署
電話:04-7152-0119 ファクス:04-7152-0140
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。