普通ポンプ車(救助器材積載車)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1003145  更新日 平成29年9月15日

印刷大きな文字で印刷

北消防署普通ポンプ車(救助器材積載車)の写真

平成24年12月31日から北消防署の普通ポンプ車として新しく配備されました。

A-2級のポンプ装置、電動アシスト付消防用ホースカー等を積載し、消防活動の主力となる消防車両です。

火災現場では主に水利に部署して消防活動を行っています。

また、各種救助資機材も積載しておりますので、火災・交通事故・労災事故等の多岐にわたる救助活動も行っています。

全長:5.83メートル
全幅:1.92メートル
全高:2.75メートル
車両総質量:6,195キログラム
乗車定員:5名

後部

北消防署普通ポンプ車(救助器材積載車)車後部の写真

電動アシスト付消防用ホースカー

電動アシスト付消防用ホースカー

ホースカーに動力をつけ、65ミリメートルホース10本を積載し、ホースの散乱する現場や不整地な現場も1名でホースを延長することができる。

左側

北消防署普通ポンプ車(救助器材積載車)車左側の写真

車左側の積載品の写真1

  • 吸管 
     (旧普通ポンプ車に導入されていた吸管では、左右に一本づつ設置されており、人力で展張していました。新普通ポンプ車では一本で左右どちらにも電動で展張できるようになりました。)
  • 予備ボンベ 
  • 反射チョッキ 

 

 

車左側の積載品の写真2

  • 投光器
     (旧普通ポンプ車では、ハロゲンライトを使用していましたが、新普通ポンプ車ではLEDライトを使用しています。)
  • コンビツール
     (旧普通ポンプ車では、スプレッダーとカッターを各々に積載してあり、ホースを経由してパワーユニットからの油圧で駆動させていました。新普通ポンプ車では、スプレッダーとカッターを一つにしたコンビツールを積載し、モーターで油圧を送り駆動させる可搬式タイプとなりました。)
  • 可搬式ウィンチ
  • ペダルカッター 
  • コードリール

  

 

車左側の積載品の写真3

  • 発電機 

 

右側

普通ポンプ車(救助器材積載車)右側の写真

右側の掲載品の写真1

  • 吸管
  • ラバーコーン
  • 媒介金具
  • ストカゴ
  • 吸管枕木
  • 二個連ホース
  • クイックシールド 

 

 

右側の掲載品の写真2

  • ラムシリンダー
     (旧普通ポンプ車では、ホースを経由してパワーユニットからの油圧で駆動させていました。新普通ポンプ車では、モーターで油圧を送り駆動させる可搬式タイプとなりました。)
  • チェーンソー
  • エンジンカッター
  • エアーハンマー
  • マット式空気ジャッキ
  • 救助資機材用燃料

三連梯子

三連梯子の写真

旧普通ポンプ車では手動で梯子の収納及び取り出しをしていましたが、新普通ポンプ車では全て自動で収納及び取り出しができるようになりました。

ご意見をお聞かせください

このページに問題点はありましたか?
(複数回答可)


このページに関するお問い合わせ

消防本部 北消防署
〒270-0103 流山市美原2丁目139番地の1 流山市北消防署
電話:04-7152-0119 ファクス:04-7152-0140
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。